SUPERBIRD-8 諸元、打ち上げ計画等 - rencontRe Lab

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SUPERBIRD-8 諸元、打ち上げ計画等

名称:SUPERBIRD-8
打ち上げ予定軌道位置:東経 162 度
打ち上げ予定時期:2015 年度 12 月~1 月頃→2016年10月4日→2018年3月~9月
設計寿命::15 年以上
衛星バス:三菱電機 DS2000 (製造管理:日本電気株式会社)
搭載トランスポンダ:36MHz×19 本、76MHz×2 本
搭載ビーム:日本ビーム、可動ビーム
Ku-band Japan EIRP:B2と同様
Ku-band Steerable Beam EIRP:エリア拡大
HPA(High Power Amplifier/大電力増幅器):82W⇒100W
トランスポンダ周波数配列:K11/K12(36MHz)→K11(76MHz)、(K22/K23(36MHz)→K23(76MHz)?)

B2Down.pngB2Up.png

TP幅は40Mhz区切り、上下2Mhzガードバンド
/LASCOM - K19、K20、K21

Command1:13997.75V
Command2:14499.50R
Telemetry1:12245.00H Japan
Telemetry2:12248.00H Japan
Beacon1:12250.00V Japan
Beacon1:12252.00H Japan
Beacon1:12254.00H Okinawa
Beacon1:12749.85V Steerable

・Superbird-8(Superbird-B2(162E)後継機) 2015年度下期(予定)
→各資料等。所有は防衛省、保守・管制等はJSATということだろうか。
Xバンド部分は防衛省、Ka/Kuバンド部分がJSAT用の同一衛星と取れる。
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu2/071/shiryo/__icsFiles/afieldfile/2014/10/22/1352273_1.pdf
「○部隊運用上重要な指揮統制・情報通信に使用している民間運用の現行Xバンド通信衛星3機のうち2機の設計寿命到来に伴い、後継衛星2機を初の防衛省所有の衛星として整備中(平成27~28年度に打上げ予定)」
「本事業は、リスク管理を最適化するとともに、民間の資金・能力等を活用することにより、経費負担を軽減・平準化する観点
から、PFI方式を採用して19年間の長期一括契約を締結(契約額:約1,221億円)」

→相乗り予定だったDSN-1/きらめき一号/Xバンド防衛通信衛星1号機が輸送中にコンテナ破損。
「「X バンド衛星通信中継機能等の整備・運営事業」の1 号機衛星の輸送中に発生した事象について」
http://www.sptvjsat.com/load_pdf.php?pTb=t_news_&pRi=581&pJe=1

→GSAT-18(74E)と共に打ち上げ予定。
打ち上げロケット:アリアン5
打ち上げ予定日:2016年10月4日
ペイロード:Superbird-8 & GSAT-18
場所:ギアナ宇宙センター ELA-3

→「調査の結果、1号機及びそれに相乗りする自社衛星Superbird-8への損傷も認められたため、今年度中の衛星打ち上げは困難と見込まれます。」
GSAT-18はNBN-Co -1B と共にに2016/10/6に打ち上げ完了。
B2後継機の打ち上げにはまだまだ時間がかかりそうです。

スカパーJSATグループ 2016年度第2四半期決算説明会
「2016年12月よりSB-B2からの顧客移動開始」
「目的:SB-8打ち上げ遅延に伴いSB-B2顧客が一時的に利用」

→Xバンド防衛通信衛星「きらめき2号」打上げについて
http://www.mod.go.jp/j/press/news/2016/11/25c.html
”なお、本年7月の打上げを予定しておりました「きらめき1号」につきましては、南米ギアナへの輸送時に損傷が発生し、事業者による修理等を行っているため、現時点における新たな打上げ予定を平成30年3月から同年9月としています。”
とあり、SB-8も同時期と思われる。
したがって、JCSAT-16による一時利用は1年から2年程となりそうだ。



スカパーJSAT株式会社による今後の衛星打ち上げ計画
・JCSAT-14(JCSAT-2A(154E)後継機) 2015年度上期(予定)
→2016年5月6日打ち上げ JCSAT-2Bとして運用開始
2B.png2A.png
→決算報告書によれば、「10月末にて顧客移動完了」

・JCSAT-15(N-SAT-110(110E)後継機) 2016年度12月下旬(予定)
http://spaceflights.news/?launch=ariane-5-%E2%80%A2-jcsat-15-star-one-d1
Launch vehicle:Ariane 5
Date:2016/12/20 20:30
→2016/12/22打ち上げ成功
Payload:JCSAT-15 & Star One-D1
Launch site:ELA-3, Guiana Space Center
vlcsnap-2016-12-22-13h53m57s535.pngvlcsnap-2016-12-22-13h54m03s261.png


・JCSAT-16(軌道上予備衛星) 2016年度上期(予定)
→2016年8月14日(日)午後2時26分(日本時間)打ち上げ完了
通信衛星 JCSAT-16 の打ち上げ成功に関するお知らせ
→SB-8の一時利用衛星として運用

・JCSAT-17 2019 年度下期(予定)
・JCSAT-18 2019 年度下期(予定)
海外オペレーターとの共同所有。
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。