Intel Media SDK・NVIDIA NVENCにおけるハードウェアデコード/エンコードの対応について - rencontRe Lab

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Intel Media SDK・NVIDIA NVENCにおけるハードウェアデコード/エンコードの対応について

最近はH.264に加えてH.265も徐々に使用され始めました。
ソフトウェアエンコードだとまだH.265はH.264に比べてかなり遅いため、ハードウェアエンコードも重要です。

というわけで自分用のメモ。

Intel Media SDK Hardware(内蔵GPU)
・H.265/HEVC でのデコード機能は”Haswell コア以降”
・H.265/HEVC でのエンコード機能は”Skylake コア以降”

NVIDIA NVENC(Geforce等のグラフィックカード)
・H.265/HEVC でのデコード機能は”GTX 950シリーズ(GM206ダイ)以降”
・H.265/HEVC でのエンコード機能は”GTX 970シリーズ(GM204ダイ)以降”

もちろん対応のソフトウェアが必要です。

参考まで。
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。