SNG(渋谷) - rencontRe Lab

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SNG(渋谷)

Superbird-C2 144.0E

O/P/Q/R/S+αのモードがあるようです。

一番良く使用されるモードは”Q”で、
SR7458 16APSK FEC2/3
 Video:1920*1080 29.97fps H264/AVC Part 10-Hi4:2:2Profile@Level4.1 bitrateMax17.7Mbps
 Audio:MPEG1Layer2 bitlate384kbps/48KHz Stereo

その他のモードは以下のようになっています。
モードO SR14915 16APSK FEC3/4 1920*1080 Hi422P SMPTE302M(Stereo)
モードP SR14915 16APSK FEC4/5 1920*1080 Hi422P SMPTE302M(3F+LFE?)
モードQ SR7457 16APSK FEC2/3 1920*1080 Hi422P MPEG1Layer2
モードR SR7457 8PSK FEC2/3 1440*1080 HiP(420) MPEG1Layer2
モードS SR7457 QPSK FEC1/2 1440*1080 HiP(420) MPEG1Layer2
モードMも存在するようです。

モードO,Pは18Mhz幅、Q,R,Sは9Mhz幅で運用されていました。

常時出ているわけではなく中継時や素材送り、もっと短い時はUATのみで一瞬で停波してしまいます。

現在TPは1,2,3,4,11が使用されているようで、1,2,11は27MHz幅、3,4は36MHz幅のTP、全て垂直偏波。

TP= 1   2    3    4   11
1ch 12276 12306 12336 12376
2ch 12285 12315 12345 12385 12628
3ch 12294 12324 12354 12394 12637
4ch        12363 12403
5ch        12341 12381
6ch 12291 12319 12359 12399 12633
7ch 12285 12315 12355 12395 12628
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。