ミリオンドール第0回ファンミーティング イベントレポート - rencontRe Lab.

ミリオンドール第0回ファンミーティング イベントレポート

イベントタイトル:TVアニメ「ミリオンドール」第0回ファンミーティング
日時:2015年6月21日(日) 16:00開場/16:30開演
会場:科学技術館サイエンスホール(東京・九段下)
出演:楠田亜衣奈/梅原裕一郎/伊藤美来/松井恵理子/渡部優衣/飯塚麻結/荒川菜月(くうにゃん役オーディションより)
     (司会-鳴海杏子、飯塚麻結)
主催:ミリオンドール製作委員会
制作:アース・スターエンターテイメント?
天気:雨→曇り

こんばんは。
4月にミリオンドールのラジオが超A&Gで始まって以来、タイムラインでよく目にしていたミリオンドール。
イベント当日になり、昼の部(追加公演)の感想を見ていると、なんだかとても面白そうじゃないか。
チケットをツイッターで探すと余らせている方を発見。連番させていただくことに。
本当にありがとうございました。

その前に、原作を知っていたほうがイベントもより楽しめるな、と思い、一気読みさせていただきました。

ミリオンドール-GANMA(新しいウィンドウで開きます)
http://ganma.jp/mdoll

地下アイドル現場にはちょくちょくお邪魔しつつ、声優現場にも行っていたので、色々共感する部分が多く、面白いじゃん!もっと先に出会えていたら(出会ってはいたけれども後回しにしていた)、と思った次第です。

さて、前置きはこれくらいにしてイベントレポートに行きましょう。
名前は一部敬称略とさせてください。
イベント衣装はこんな感じでした。(公式ツイッター)





ずは開演五分前の前説。
内容は特に語ることもないので省略。



開演までの間、舞台にはミリオンドールのアニメCMとGANMAのCMが流れていました。
「アース・スターエンターテイメント」の前に入るチャリ~ンという音がお金の音にしか聞こえなくなった・・・(勿論某早口アニメのせい)。

て、幕が上がると(幕はないですけど)、司会の鳴海さん、飯塚さんが出てきて挨拶。
鳴海さんはてーきゅうで素晴らしいギャグセンスの持ち主と知っていましたが、飯塚さんは初見でした。
第一印象は髪にすごく気を配っていて、とても可愛らしい方(実際チョコチョコ動くのでぐっb!)。

軽く昼の部の話をした後に、出演者を呼び込み。
飯塚「いきますよ~!まずは、ざいたう(噛んだ)。在宅オタクのすう子役の楠田亜衣奈さん!」
以下省略。バーにあるような椅子とテーブルがおいてありました。
並び順は以下。
飯塚-鳴海-楠田-伊藤-松井-渡部-梅原

して各自の自己紹介。
と思ったらオタクの盛り上がりが収まらず、
楠田「聞いて~!聞いて~!(半ギレ」

僕はこの表情でくっすんの新たな一面を見た・・・。真面目な話、怖かったw。

自己紹介に関しては大体よろしくおねがいしますーくらいでした。(キャラ紹介が後のコーナーにあったため)

はキャストトークコーナー。
最初はキャラ紹介。

楠田「在宅・アイドル・オタク。ここにいる人たちとは違って・・・(略)」

ここでオタク一同爆笑。
すう子の女の子らしさは漫画を読んでいて少々感じましたね。オタクだけど女の子は女の子でいて、可愛らしい一面。

伊藤「マリ子は大人。ちょっと理不尽なことはグッとこらえて・・・(略)」

言葉は違うんですけど内容はこんな感じ。
自分の事務所を思い浮かべながら、自分なら言えるかなぁなんて思った。多分言える(書いていたら自身がなくなってきた)。

次はイトリオの三人。イトリオは福岡県のローカルアイドルなのですが、

渡部「決してひらがなではない。」
松井「隣の人ちゃうで」

伊藤「(頷く)」

※TBSで放送されていた、普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。のことです。OVA化おめでとうございます。

イトリオのキャラクターは自分自身あまりまだ掴めていなかったのですが、松井「ゆりのがリーダー的存在」という発言でなんとなくわかったような。

次はリュウサン。
梅原「現場系オタク。ここのみんなの味方。」
この発言に対して、在宅系オタクは
楠田「ここにいるみんなが敵になっちゃったじゃないの!!!」

のトークテーマは「ご当地ものの話」(イトリオの地元がいちごでしたかね)

渡部「大阪府箕面市出身、猿の子と呼ばれてた。(中略)滝ノ道ゆずるくんというキャラクターがいる」

takinomichi.jpg

箕面市-たきのみち(滝ノ道)ゆずるとモミジーヌの紹介
https://www.city.minoh.lg.jp/extra.html

後述するキャラに比べれば全然可愛い。

楠田「くっすんというアダ名で~(略)くっすんというゆるキャラがいて~(略)声やらせてほしいなぁ~」
松井「営業!売り込み!」

00000807.jpg

四條畷市のゆるキャラ『くっすん』
まぁまだかわい・・・い。

松井「愛知県蒲郡市出身で、隣の岡崎市におかざえもんというキャラクターがいて」
渡部「(せんとくんを例に上げると)」
松井「ベクトルが違う」

20130515125646.jpg

草不可避。

のトークテーマは応援している人
楠田「自分を応援しています。(2015年)半年仕方って無いのに二回も風邪引いた」

渡部「(立ち上がって)トラッキー。球団は阪神。開演直前にRTした。どっかのつばめは・・・」




これは某松嵜さんとの波乱の予感・・・。

梅原「野球は・・・。」
ここで話がそれ、梅ちゃんという呼び名に対して、
梅原「リュウサンなので梅さんと読んでほしい」
スポーツに戻り、
梅原「清水エスパルス」

松井さんの言っていた静岡イケメンいっぱいの話はよくわからず。知っている方は教えて下さい・・・。

運動神経が悪いという話から梅原さんがステップを披露することに。
        ∩___∩
        | ノ      ヽ
       /  ●   ● |  
       |    ( _●_)  ミ
      彡、   |∪|  、`
     /      ヽノ ::::i \
    /  /       ::::|_/
    \/          ::|
       |        :::|  クマ
       i     \ :::/ クマ
       \     |::/
         |\_//
         \_/

鳴海「梅さんの華麗なステップが見れたところで次に」

美味いなーって思いました。本当に鳴海さんのセンスとアドリブは凄い(他にもありました)

のコーナーはアイドル現場見学のVTR(イトリオの三人)。これから隔週AKIBAカルチャーズZONEでライブをするそうで。

取材に訪れた時のアイドルは「ハコイリムスメ」

AKIBAカルチャーズ劇場 × 女優志望「ハコイリムスメ」

何も知らされずに集められた13歳~16歳の女優志望の女の子7人。 彼女達に与えられた課題は「アイドルグループとしてデビューをすること」。 演技のレッスンはしたことがあるけど、「アイドル」って?歌もダンスも素人な女の子達が 「アイドルとは何か」を学びながら成長して行く姿をお楽しみ下さい!



オタクだからみんなかわいい!と思いました。

楽屋裏には公演をされた数々のアイドル(声優含む)のサインが。

作中で出てくる寺嶋由芙さんのサインも。木戸衣吹ちゃんのサインを見つけるなり、松井?渡部?(記憶が曖昧です)「今SSAで頑張ってるねー」

ゆいかおりとかみっく(伊藤美来)のサインもありました。

その後ハコイリムスメのうち三人に取材。
・内山 珠希・鉄戸 美桜・小松 もか
最高年齢16歳。

オタクとの接し方を聞いてました。
僕の頭のなかではオタクの認知というのは演者から見れば、オタクとフレンドリーに接する、なのかなぁとか考えていました。

飯塚の推しは「桃実ちゃん」だそうで。目があった!目があった!と喜んでました。
オタクも広いステージで目があった!(仮に思い込みであったとしても)というのは嬉しいよね。
渡部「私も桃実ちゃん」(印象と名前が一致していなかったようだ)
   「どこかへごった子に似ていて~~しゃべり方、雰囲気、愛されキャラなところが」

確かに似てる・・・ような・・・。

よくわからないけどこの後伊藤と楠田がイチャイチャ喧嘩。
楠田「こしょこしょしたのに反応してくれなくて」
伊藤「ごめんなさい」

のコーナーは大喜利。
昼の部では松井さんが凄いいじられたらしい。他の方のレポートが見たい。

題材はこちら。(無断使用失礼致します。第三話の一コマです。)
26.jpg

右半分のコマのセリフが消されていました。

流れで鳴海さん、飯塚さんもやることに。
椅子と画用紙急いで準備してくれたスタッフさん、有能すぎです。大感謝。

司会がいなくなっても大丈夫なのか・・・?という話に
渡部「大丈夫ですから!メニメニマニマニ歌っても大丈夫!」

ここでオタクが笛を吹く
オタク「ピッピー!!!!!!!!!!!

昼の部では梅原さんの勝利だったそうですが、リュウサンはマリ子単推しということで伊藤さんに譲ったらしい。イケメン。
昼の部では拍手0の松井、如何に・・・?

皆さんが回答を考える中、手際良く書き終えた鳴海さんはグッズ紹介。
古参Tの紹介では梅原と伊藤さんに定番「まわって」コール。

梅原さんはカッコよく決めました。
あれ、梅さんアイドルじゃね?という話に315という話が出ましたが・・・(自重)
※アイドルマスターsideMのこと

では感動を壊していく回答。
鳴海「実はわたくし・・・持ってますの」「金を!」

見事にてーきゅうネタ突っ込んできました。アース・スターエンターテイメント様様。
何故かオタクがてーきゅうのタオルを掲げていた模様(レス貰ってましたね。しかし何故持っていた。)




楠田「実は私・・・キレ痔なんです。お尻が痛くて。」
(お尻を抑えているように見えたらしい)(言われてみれば見えますね)

伊藤「実は私・・・マリ子って苗字じゃ(ないんです、と書いてある)」「間違えました!!!!」
(ステージを駆け回る)
ポンコツみっく最高。最高かよ・・・。

松井「私、前、普通の女子高生の時、ろこどるやってました。」
松井「皆様の血税でね!!!」
伊藤「鉢の駆除とかやってましたね」
うん、感動だわ。ろこどるは涙でしたね・・・。

渡部「私、昨日小学生アイドルやったあと、SSAでオタク活動やってました。」
ゆい㌧がついた時、残念ながら一番見たいアーティストさんは終わってしまっていたらしい・・・(小ネタ)。

飯塚「もう・・・我慢出来ない・・・!」「トイレ行っていいですか??????」

アイドルはトイレに行かない。う・・・ん・・・(僕は数分毎にトイレに行くあのメイドカフェの大食いアイドルを思い出した。)

梅原「実はワキ毛伸ばすのが趣味なんです。」

シャツのシワがワキ毛に見えたらしい。長い。

優勝は楠田さん。フルーツタルトがプレゼントでした。

イブコーナーまでのつなぎに鳴海さん、楠田さん、梅原さん。
アフレコでMIX入れたらしい。プロのガチオタが監修したそうですが、これは藍先生のことだったのでしょうか・・・。

そしてミリオンドールオーディションの発表。
くーにゃん役荒川菜月さん。とても緊張していた様子。髪をいじる仕草が可愛かったですね。北海道出身だそうです。

『やっとご報告!ミリオンドール』
http://ameblo.jp/rinnatuki729/entry-12041685724.html

してお待ちかねライブコーナー!

最初はイトリオの三人。

MIX楽しすぎかな???
タイガー、ファイヤー、サイバー、ファイバー、ダイバー、バイバー、ジャージャー!
ジャージャー、ウリャオイ!なんだこの空間。声優さんのイベントでこんな公認コール最高すぎる。

※通常、声優のライブではMIXやロマンス等やっていると、論争が耐えず、控えめです。
僕なりの意見ですが、キャラクターがいてこその声優さんなので(アニメ業界の話ですがライブをやっているのがアニメの方々中心なので)キャラライブに対して、声優呼称のコールが合わない、というのがあるかなぁと。
アイマスで言うと、「L・O・V・E・ラブリー・Machico」ではなく「L・O・V・E・ラブリー・つばさ」のようなことです。

お次はマリ子のソロ。
落ちサビでスパロン折ったぞ。気持ちよかったぞ。

残念な事に斜め前の奴(あえて奴と書きます)が改チアを12列から1列目までふっ飛ばしたんですね。
こりゃいかんと。



ここで少し話逸れますね。
認知や目線貰ったり、各各の目的で改造ペンライトを作る方がいます。
別に作ること、は構わないですし、僕も明るいのは好きです(工作も好きだし)。
ただ、製品と違って、自分で作ってるんだから、責任をもってしっかりと作って欲しい。
ビルから落ちたペットボトルで大怪我を負った人がいるように、ただの棒でも大怪我に繋がるかもしれませんから。


話戻します。
楽しいコールを入れつつ、イトリオ曲(一番のみ)、マリ子曲(フル)が終わりました。
ドル現場に慣れてる自分としてはウェイウェイという感想なのですが、普段声優現場が多い人にとってはびっくりするぐらい賑やかだったのではないかなぁと思います。




のコーナーは抽選会。
サイン入りTシャツ他、グッズが当たります。

最初にサイン入りTシャツを引いた人は、途中でSSAのキングレコードのライブに行ってしまった模様。
会場のオタク「ざまぁ」「可哀想www」
渡部「友達いたら残念だったねって伝えてあげてねっ!(満面の笑み」

再抽選では斜め後ろのオタクが当ててました。羨ましいぜ・・・。

渡部「カッターに当ててほしカッター」
シーン
飯塚「カッターに当ててほしカッター(かわいい)」
パチパチ
松井「違う違う!正しい使い方!」「カッターに。あいた?」
オタク「カッター!」※会いたかった

伊藤「お姉さんって呼んでいい?」
飯塚「19歳になったの!お姉さん」

同年齢だそうで。飯塚さんがさらに好きになってきた。

松井「わたしみっくのマイクになる」
渡部「アイドル!変態じゃない!」

後の挨拶。
楽しすぎて覚えていないw。
でも皆さん共に、「ありがとうございます!これから成長していきます」と言った感じの趣旨でした。

松井「ミリオンドール箱推ししてくれますか?」

オタク「ウェーーーーーーーーーーーイ!」

松井さんオタクに振るの上手ですね。

楠田「いつか・・・」
オタク「東京ドーム」
渡部「そこはダメ!(野球ネタ)」
楠田「BLITZくらいで・・・」
僕は、横浜を思い浮かべたが、もう無いので、赤坂のことだったのでしょう。
横浜は懐かしきラブライブ1stの地ですからね。ラブライブは古参ヲタです(何かのアピール)

そんな感じで和気藹々とした雰囲気の中、幕は閉じました。



【ニュース】7月6日(月)放送開始のTVアニメ『ミリオンドール』、初イベント「第0回ファンミーティング」にて出演者オーディション優勝者を発表
http://moca-news.net/article/20150622/2015062214510a_/01/

楠田 第0回、初めてのファンミーティングなのにも関わらず、たくさんの方にお越しいただきました。トークもライブも盛り上がって、これから先『ミリオンドール』の展開に期待でいっぱいです!アニメ楽しみにしてるよって方~?という質問に、みなさん元気よく手を挙げてくださって、本当に嬉しいです。アフレコもラジオも頑張ります!またファンミーティングできたらいいなと思いました。すごく楽しかったです。

伊藤 原作の中に来たような楽しいイベントでした!ファンのみなさんがあたたかくて嬉しくなりました。初披露の曲にも関わらず盛り上がってくださって楽しかったです。リアルなアイドルの世界を楽しんでもらえたらいいなと思います。アニメ『ミリオンドール』ご期待ください。

梅原 ファンの皆さんの楽しそうな姿を見て、作品に関われて良かったなと思いました。

松井 第0回ファンミーティングにも関わらず、たくさんの方が応援してくださってとっても嬉しかったです!まだまだ成長していく『ミリオンドール』これから益々よろしくお願いします!

渡部 まだアニメが始まってもいないのに、すごい盛り上がりでびっくりしました。皆さんの期待に応えられるように頑張ります。『ミリオンドール』応援よろしくお願いします!ありがとうございました!

飯塚 アニメがはじまる前、はじめてのイベントなのに、たくさんの人が来てくださって、とってもうれしい気持ちです!『ミリオンドール』これからがんばります!

荒川 第0回のファンミーティングにも関わらず、すごい熱気と盛り上がりで、私もその熱に負けないように盛り上げていけるように頑張ります!えいえいおー。




作品を生み出してくれた藍先生にありがとう。

アイドルにありがとう。

すべての原石、ビッグバンにありがとう。

7月からのアニメ、期待しています。
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する