RJ-45のCat.7 Lanケーブルは存在しないのに値段が異常な件。 - rencontRe Lab

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RJ-45のCat.7 Lanケーブルは存在しないのに値段が異常な件。

こんばんは。

家電量販店に行き、LANケーブルコーナーを見ていると、ホコリにまみれて無造作に置かれたLANケーブルがありました。

そう、それが今回話題にするCat.7(カテゴリー7)のイーサネットケーブルです。

数年前まで、一般家庭においては1000Base-T(X)、100Base-TXというのが標準的でしたが、最近は10GBase-Tというものが存在します。
※以前からデータセンターなどにおいては光ケーブルで10Gbaseは存在しています。

古いLANケーブルでギガビットEthernetは使えるか
http://ascii.jp/elem/000/000/561/561734/

table01_578x249.jpg

下の2つは現在策定されており、一般的に見かける表記としてはCat.6A/Cat.7があると思います。

さて、問題は端子の形状なのです。

JEITA(一般社団法人 電子情報技術産業協会)のpdfを御覧ください。
http://home.jeita.or.jp/is/seminar/110210_igcs/pdf/4.pdf

1.png
2_20150205231522c7c.png

そう、Cat.7にはRJ-45コネクタを使用しないのです。
正しい端子はこちら。ちなみに二種類あります。

1280px-Tera_steckverbinder.jpg
↑独自の形状をしたTERAコネクタ。

GG45_jackplugRJ45plug.jpg
↑GG45と呼ばれ、RJ45と互換性を持つ。

(画像は両方共Wikipediaより)

そう、家電量販店で売っているCat.7表記のケーブルはRJ45です。
日本の一般家庭用ルーターがTERAコネクタ装備していたら教えて欲しいです。

さてさてそんなケーブルを発売しているメーカーが幾つか存在します。

サンワサプライ
http://www.sanwa.co.jp/seihin_joho/cat7/

BUFFALO
http://buffalo.jp/products/catalog/supply/cable/lan/cat7/etp-c7-bl/

エレコム
http://www2.elecom.co.jp/cable/lan/ld-twsft/bm/

RJ45のままでこの伝送帯域が確保できると!

でもCat.7と表記するのは如何なものでしょうか。

Cat.6でも10Gbps対応ですから、RJ45機器にCat.7ケーブルを使用した場合は、実質Cat.6(A)程度のケーブルになってしまいます。

しかも値段が異常に高い!つまりただのケーブルがCat.6の2-5倍程度でございます。

STP/UTPの話を抜きにしても、”準拠”を買う意味ってほぼ無いんですね。

Amazonで商品一覧を見ていると勘違いして購入した上、良くなったと言っているレビューも散見されます。

しかもAmazonさん、Cat.6eじゃなくて、Cat.6Aですよ。

というわけで今一番お勧めなのはCat.6/6Aです。

一軒家を新築するなら是非「Cat.6(またはCat.6A)の壁コンセント」を作ることをおすすめしますよ~。

6Aはまだあまり発売されていないのが現状なので、
ケーブルを購入する際はCat.6がコスパ的にも良いかと思います。

以上、ホコリまみれの商品を見て思ったこと、でした。




追記:メーカーでは”準拠”であり対応ではない、ということのようですので記事タイトル修正しました。

http://qa.elecom.co.jp/faq_detail.html?id=2629

Q.【LANケーブル】「対応」と「準拠」の違いはなんでしょうか?

【回答】
弊社では、以下の内容として定義しております。

◇対応
 規格で定められている(カテゴリー5、カテゴリー6など)通信速度、材質、寸法・形状など
 全ての項目を満たしているもの。

◇準拠
 通信速度は各カテゴリーと同等の品質を持つが、材質、形状・寸法などが規格外となるもの。
 準拠品の多くはそれぞれのメーカー独自の形状や機能を持った製品となっています。





2017/04/18
さらに追記。念の為に書いておきます。
GG45にはmode1,mode2とありまして、上の画像はmode2です。
GG45のmode1=RJ45コネクタですから、そのケーブルのカテゴリは6Aまでです。
つまいmode1は無いもの、として捉えると、わかりやすいのではないかと思います。

NETGEAR等が出している、10GBASE-Tのスイッチを見ればわかりますが、コネクタはRJ45です。
つまりCat.6A、またはCat.6(距離制限あり、37m)を使うわけですね。

BUFFALOもオーディオオカルト族向けに変な製品を出していましたが、”そんな規格はない”ですから、
ハイレゾ等以上にオカルト要素の強いものとなっています。

そしてこんなプレスが…
超高速ネットワークを実現するカテゴリ7A対応のLANケーブルを発売。|ニュースリリース - サンワサプライ株式会社
https://www.sanwa.co.jp/news/201703/kb-t7a/index.html

笑っちゃいますね。
まぁCat.6A相当として使えますが、30mまでしかない所を見ると、じゃあCat.6でいいじゃん、という話に。

私自身は1Gスイッチで、以下のフラットLANケーブル15m(1109円)を使っていますが安定して0.95Gbps(規格は1Gbpsなので95%)出ていますので、オススメしておきます。それでは。
サンワサプライ カテゴリ6 フラットLANケーブル 15m ホワイト LA-FL6-15W

関連記事

Comment

  • 2017/02/14 (Tue) 22:49
    いかんだろ #X.Av9vec - URL
    No title

    JISやらISOやら規格物を言うときの準拠って言葉は定義が決まってる
    JEITAのp24にあるように規格を満たすのが準拠

  • 2017/04/18 (Tue) 20:35
    #- - URL
    No title

    昔からだけどひでえな。

    「弊社では、以下の内容として定義しております」って、
    勝手に日本語の定義を変えるなよ。
    辞書的な意味じゃ、準拠は規格に合致だろう。

    こんな無茶が通るなら、
    糸電話のタコ糸だってLANケーブルとして売れる。
    「弊社ではタコ糸をLANケーブルと定義しております」って一文をどっかに掲載すればいいんだからな。

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。