UQ WIMAX2が更に改悪した模様 - rencontRe Lab.

UQ WIMAX2が更に改悪した模様

どうもこんばんは。昨日、UQWIMAXからキャリアアグリゲーション等による速度引き上げや新たな施策が発表されました。




WiMAX 2+ 新サービス・新デバイス発表会 1/15 11:00よりUstream中継実施!|UQ WiMAX|超高速モバイルインターネットWiMAX2+
http://www.uqwimax.jp/lp/220m/

簡単にまとめると
・以前から進めてきたCAによるWIMAX2+の速度引き上げ(110Mbps→220Mbps)
・上記に伴う新プランの発表
・WIMAX2+220Mbps対応ルーターの発表
です。

さて、容量無制限がウリだったWIMAXですが、WIMAX2になってからは2年間限定の速度制限等、徐々に残念な方向に進行し、顧客を減らしていました。
そして、今回の施策が生きるのか?私は、通信オタク以外に引きつけられないのではと思っています。

※金額表記は税抜き

○問題点その1
無制限のプランが出来たのはいいのだけれども、値段が上がってる!
UQ公式で契約した場合、「ギガ放題」は通信料4880円-500円割引で、月あたり4380円。
そして、au4GLTE付属端末を購入した場合、「au側で7GBに到達するとWIMAX2+にも制限」
尚、契約から3ヶ月のみ、3696円で利用できる。三ヶ月後制限付きプランへの変更は無料。

○問題点その2
本日1/16から予約開始となるW01はHUAWEI製で、WIMAX非対応、WIMAX2+/4GLTEに対応。
4GLTE非対応でWIMAX/WIMAX2+に対応のNEC製WX01は3月発売予定。

現在WiMAX使用中のユーザーは「史上最大のタダ替え大作戦」を利用でき、2015年2月19日までに申し込むと「2年間月額3696円」でWiMAX2+を使い放題になる。
http://www.uqwimax.jp/lp/tadagae/
↑つまり、二年間月あたり3696円で使用できる端末は「4GLTE/WIMAX2+」に対応のW01のみである。

新規ユーザー、また以前のWIMAX2からの乗り換えの場合、高い金額を払わざるを得ない。

○問題点その3
一番最悪な、改悪。
「ネットワーク混雑回避のため、前日までの直近3日間で「WiMAX 2+」「au 4G LTE」の通信量の合計が1GB以上(2015年2月以降は3GB)となった場合、「WiMAX 2+」「au 4G LTE」の通信速度を翌日にかけて制限する場合があります。なお、WiMAX 2+は2015年3月までは速度制限の対象となりません。」

ギガ放題とは何だったのか

というわけでまたまた顧客が減っていくでしょう。
だって今現在公衆無線LANは急速に拡大し、早いものでは100Mbps超えるところもありますから。

ついでに私の理想型を書いておきます。
・4GLTEはMVNOで補えるので、購入端末は無制限確定なWIMAXとWIMAX2+を併用できるもの。
・月額3696円で最低でも2年間利用できる。
・WIMAXは容量無制限、WIMAX2+は7GB(もう少しあっても良さそうですが)
・直近三日間の通信速度制限は無し

では。
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する