GX-70AXのコンデンサ容量メモ - rencontRe Lab

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GX-70AXのコンデンサ容量メモ

こんにちは、お久しぶりです。今日の記事は本当に備忘録です・・・。

先日ジャンクで買ってきて活用中のONKYOのGX70-AX。

ノイズが酷い…。

というわけでコンデンサ容量メモ。

まずは電源部
※2014/10/15追記:一番左、16V10μFが縦に並んでいるところの上側は正しくは「16V47μF」でした。失礼しました。
→画像差し替えました。まぁパターン見ればわかりますが左右対称です。
トランスで電圧落として、交流25V?あたりから+11Vと-11Vを生成。
201407010146546011.jpg

ミキサーとか?
IMG_1297(容量入り)
10μF16Vのもののみ日本ケミコンSMG。

TrebleとBassの調整部分。わりと要。
IMG_1299(容量入り)
10μF16Vのもののみ日本ケミコンSMG。

音量とAチャンネルBチャンネルMixing。
IMG_1300(容量入り)

一部を除きほぼ全てがニチコンVX。
実際発売してから20年近くたってるわけですし、そろそろ交換時期かも知れません。
ニチコンVXシリーズはとうの昔に生産を終了しており後継がVRシリーズのようで。

候補としては
・ニチコン 「FWシリーズ」
・ニチコン 「MUSE-KZシリーズ」(FWの上位品)
・東信工業 Jovial 「UTSJシリーズ」

金色と銀色に輝く回路・・・。
容量に合わせて選択していきましょう。

さて、いつ秋葉原に行けるのかな・・・。
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。