システムドライブの隠しファイルを共有設定したら個人設定が吹き飛んだ。 - rencontRe Lab.

システムドライブの隠しファイルを共有設定したら個人設定が吹き飛んだ。

さてさてお久しぶりです。

家の中に何台もPCがあったらデータを移動するのにわざわざディスクを持ち歩いたりするのは面倒ですよね。

そこでWindowsにある共有機能を使用していました。

Windows7以降ですとホームグループ共有という機能で、ドキュメント、ピクチャ、ビデオ、ミュージック、プリンターは共有ができます。

しかしながら他のファイルは(工夫すれば可能ではありますが)出来ないものもあります。

ある日、大量にフォルダ分けしていた、文書動画音楽ファイルを別のPCに移そうと共有設定をしました。

そこでやってしまいました。

Cドライブの中身をCtrl+Aで全選択して共有をポチツ

この日は全く気が付きませんでした。

WindowsのUpdateでPCを再起動するとあらまぁ、デスクトップからは全てが消え去り、Outlookの設定は吹っ飛び、Photoshopは起動しないetc...

WindowsでCドライブやDドライブ全体を共有!システムフォルダの共有はこうやる!

こんな記事があります、そうです普通は問題ないのです。

私は運の悪いことにいろいろな事情で普通は表示しない、

隠しファイル

を表示していたんですね・・・。Windowsの構成ファイルを共有するとセキュリティ的なことで問題が発生するのでしょうか・・・。

そんなわけで教訓。

共有設定は必要最小限!

ではまた。
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する