"鍵屋"ことPSN Games.orgのMicrosoftOfficeライセンス - rencontRe Lab.

"鍵屋"ことPSN Games.orgのMicrosoftOfficeライセンス

Microsoft Office Home and Business 2016のパッケージ版
といえば3万5千円ほどする製品。
こちらのライセンスは同時に2台まで、特定されない2台のPCにおいて使用することができる。

そして最近のノートパソコン付属のものは、世代が限定されない、「Office Premium」という製品になっている。
本来プリインストール版ですから世の中には出回るはずが無いのですが、企業の大量納入などでインストールされなかったパッケージがヤフオクなどで取引されている不思議。
ヤフオク! - 「Office Premium OEM」の検索結果

こちらのライセンスは、同時に1台まで、最初にインストールしたPCに紐付けられるが、
Office2016以降へのバージョンアップ(過去の例で言えば2007→2010→2013のようなこと)の権利もついている。

そして、Officeが安いと噂されるPSN Games.orgで販売されているライセンスは何者か、調べてみた。

PSN Games.org
https://psngames.org/software/

Windowsなどもあるが取り敢えずOffice2016だけ見ると3つあることがわかる。

Microsoft Office 2016 Home and Student $32.99
Microsoft Office 2016 Home and Business $38.49
Microsoft Office 2016 Professional $43.99
値段差がたった5ドルの時点で気づけよ、という話ではあるが、真ん中の Home and Businessを注文。

ちなみに「allkeyshop」というコードで4%OFF。

決済は、これまた鍵屋で有名な「G2A」の決済システムを利用します。
Paypalもあるのですが、自分の場合エラー吐いたのでG2AのCreditCardsを選択。

※追記:psngamesでの名前入力と、Paypalの登録表記がズレてると駄目なようです。どちらも漢字にしたら通りました。

注文完了画面に、プロダクトキーが書かれていました。(Paypal決済だと違うかも?)
ちなみに同じものがメールでも送られてきましたよ。

psngames-org-checkout.png

「2016 Professionalへの無料アップグレード」ということで、「Microsoft Office 2016 Professional」らしい。
というかどれ頼んでも多分ProPlusになります。何故ならボリュームライセンスでしか販売されていないから…

前は2013を注文しても2016になったらしいですが、今はそうでもないらしいです。

”CLICK TO OPEN THE ACTIVATION GUIDE”とか書いてあるけどこれはXBOXなどのゲーム向けの案内なので無視。

https://setup.office.com/
に進んでOffice本体をダウンロード。

プロダクトキーを入れると
「Microsoft Office Professional Plus 2016」という表示が。どういうものかは後述。
言うまでも無く、ここで"Microsoftアカウントと紐付けられます。"

setupoffice.png

ここで得られるリンク先は
32bit版:
https://c2rsetup.officeapps.live.com/c2r/download.aspx?ProductreleaseID=ProPlusRetail&language=ja-JP&platform=x86
というわけで、64bitっぽくURLを弄ったら成功。
64bit版:
https://c2rsetup.officeapps.live.com/c2r/download.aspx?ProductreleaseID=ProPlusRetail&language=ja-JP&platform=x64

本来このURLの後ろに、&token=ライセンスキー&&TaxRegion=&etcと文字列が続いているのですが、必要なかったので…。
※ここからダウンロードすると、Microsoftのアカウントにログインしなくても、使えるかもしれないが分からない。

※Officeのインストール時、Microsoftアカウントでの認証を要求されますが、スキップしてプロダクトキーを入力する必要がありました。アカウント認証の下の方にプロダクトキーを入力するというボタンが有りますのでそちらから。

起動後の画面でも「Microsoft Office Professional Plus 2016」。
setupword.png

このカラクリは、「ボリューム ライセンス」という多くのライセンスを必要とする企業の為に販売されているOfficeを小売していることから成り立っています。(プリインストール版同様本来は…)
そしてこのライセンス、
「同時に1台まで、最初にインストールしたPCに紐付けられ、加えてバージョンアップは出来ない。」
最初に書いた二つよりも動かないライセンスです。
加えて部品交換で再認証が必要になるとの噂。企業で使う分にはそれでも困りませんよね。

Officeって意外と高いことを忘れがち。メーカー製PCのOfficeが占める割合、結構大きいと思います。
そんなわけでライセンスとは?という話でした。
全ては自己責任でどうぞ…。

参考:
Microsoft Windows / Officeが全部格安の桃源郷があった!Windows 10からOffice 2016まで揃い踏み
http://hitoriblog.com/?p=48158
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する