SDR用チューナードングルの小ネタ[FC0012|FC0013|R820T] - rencontRe Lab

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SDR用チューナードングルの小ネタ[FC0012|FC0013|R820T]

ISDB-Tチューナーとしても使用可能ですが、本稿ではSDRのドライバ導入を前提とします。

まずR820T採用チューナー。
aitendoなんかで売っているこやつ。
ワンセグRX DVB-T+DAB+FM R820T高性能受信機
http://www.aitendo.com/product/7025

R820_1.jpg


後述のFC00XXシリーズと比べて使用中の消費電力は倍の260mA程度。
そして発熱が一番大きい上、周波数変動が激しい。
水晶発振器を交換しない場合はAFC(Automatic frequency control)の併用したほうが良いかも。
ただし、周波数範囲が24-1766MHzととても広い。感度については後述。
フルゲインにするとIMが非常に沢山現れ、弱い波は見えなくなる。


次はFC00XXチューナー。
一般に流通している商品の中でチップは2種類。
DS-DT305 FC0012/13(ゾックス)
LT-DT306 FC0012/13(RED SPYCE)
LT-DT307 FC0012(RED SPYCE)
DS-DT308 FC0013(ゾックス)
LT-DT309 FC0013(RED SPYCE)
DS-DT310 FC0013(ゾックス)

ゾックス製はF型変換コネクタが付属している。レッドスパイス製は付属しない。
DS-DT308が秋葉原の浜田電機でよく叩き売りされていた。
R820Tチューナーより非常にコンパクトで発熱も少ない。
FC0012を買うくらいならFC0013で良いと思う。
FC0013_1.jpg

消費電力は110mA。
周波数範囲は
FC0013 22-1100MHz
FC0012 22-948.6MHz

感度に関しては、こちらを参考に。

Wコールがききたくて: RTL-SDRドングルの性能比較
http://ala1530s.blogspot.com/2013/06/rtl-sdr_21.html


実際この通りで、感度には大差ありません。
衛星のIFを受信するにはFC0013では不足のためR820Tを使用。ADS-Bの場合もFC0013では難しいようです。
WFM(FMラジオやIEM、ラジオマイク)、アマチュア無線や鉄道、航空無線、デジタルの消防無線等に於いてもFC0013で十分です。

SDR系アプリケーション一覧
http://www.rtl-sdr.com/big-list-rtl-sdr-supported-software/

追記:ADS-Bでアレコレしていた方も結局R820Tに戻されていました。

スマホSDR用チューナをDVB-TからISDB-T(ワンセグ)に変更しました
http://kenshi.air-nifty.com/ks_memorandom/2015/10/sdrdvb-tisdb-t-.html
スマホ(FLEAZ F5)SDR用チューナをFC0013からR820Tに戻しました
http://kenshi.air-nifty.com/ks_memorandom/2015/11/fleaz-f5sdrfc00.html
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。