複数TS多重化TSMF方式 スロット割当を調査する CATVをPCで録画 事前調査その6 - rencontRe Lab.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

複数TS多重化TSMF方式 スロット割当を調査する CATVをPCで録画 事前調査その6

TVTest0.9.0 多重フレームヘッダ対応パッチ当ての続編。
多重フレームヘッダ情報の構成に関して詳細な調査が必要そうだったので、まずは三種取り出してみた。

ARIBの構成情報についての情報は以下の通り。(デジタル有線テレビジョン放送方式に関する多重フレームヘッダ情報の構成 )
http://www2.arib.or.jp/johomem/pdf/2000/2000_0522.pdf
tsmfconfig5.png
tsmfconfig1.pngtsmfconfig2.pngtsmfconfig3.pngtsmfconfig4.png


479MHz WOWOWシネマ(加工なしで再生可能) -Aとする(以下略

47 00 2F 18 FA 86 61 40 01 FF FF FF FF 44 51 00 04 FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF 00 00 00 02 22 22 22 22 22 02 22 22 22 22 20 22 22 22 22 20 22 22 22 22 22 02 22 22 22 22 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 B6 67 09 97

123MHz BS日テレ(TSMFpatchで対応) -B

47 00 2F 17 E5 79 C1 80 03 40 D0 00 04 FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF 41 45 00 04 00 00 00 02 11 11 11 11 1F 11 11 11 11 11 F1 11 11 11 11 F1 11 11 11 11 1F 11 11 11 11 11 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 A7 0E D6 9A

423MHz BS11(TSMFpatchでも不可) -C

47 00 2F 1A FA 86 41 80 03 40 90 00 04 FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF 41 24 00 04 00 00 00 02 11 F1 1F 11 1F 11 F1 1F 11 F1 1F 11 F1 1F 11 F1 1F 11 1F 11 F1 1F 11 F1 1F 11 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 B6 42 C9 2B

689MHz BS12(TSMFpatchでも不可) -D

47 00 2F 1B E5 79 01 20 03 FF FF FF FF FF FF FF FF 40 92 00 04 FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF 41 17 00 04 00 00 00 02 33 F3 F3 F3 3F 3F 3F 3F 33 F3 F3 F3 3F 3F 3F 33 F3 F3 F3 3F 3F 3F 3F 33 F3 F3 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 8B 9F A9 32



赤字部分はMPEG2-TS同期バイト0x47、多重フレームPID0x002F。青文字は同期信号、フレームごとにビット反転。

緑文字が変更指示とスロット情報。
ここからそれぞれのスロット情報を取り出してみると、全て以下のようになった。(変更指示の3ビットを取り除く)
A:0 0001 010000000000000 1
B・C:0 0001 100000000000001 1
D:0 0001 001000000000001 1
ということで、
「静的割当、多重フレーム形式0x1(最大53フレーム、15TS)」
「AはTS2が有効、B,CはTS1とTS15が有効、DはTS3とTS15が有効」

続いて識別子/相対TS番号対応情報を見る。(TSID・TS識別/NIT・オリジナルネットワーク識別)
A-相対TS2:TSID 0x4451 / NIT 0x0004
B-相対TS1:TSID 0x40D0 / NIT 0x0004
B-相対TS15:TSID 0x4145 / NIT 0x0004
C-相対TS1:TSID 0x4090 / NIT 0x0004
C-相対TS15:TSID 0x4124 / NIT 0x0004
D-相対TS3:TSID 0x4092 / NIT 0x0004
D-相対TS15:TSID 0x4117 / NIT 0x0004

紫文字の送受信制御情報はどうでも良い。勿論全て良好。

さらに相対TS番号/スロット対応情報。第2-53スロットの相対TS番号。分かりやすく改行した。
A:
0010001000100010001000100010001000100010 0000
0010001000100010001000100010001000100010 0000
001000100010001000100010001000100010 0000
0010001000100010001000100010001000100010 0000
001000100010001000100010001000100010

スロット12,23,33,44はTSパケットが配置されないスロット、残りがTS2に属することがわかる。スロット数48:4(無効)。

B:
000100010001000100010001000100010001 1111
0001000100010001000100010001000100010001 1111
000100010001000100010001000100010001 1111
0001000100010001000100010001000100010001 1111
0001000100010001000100010001000100010001

スロット11,22,32,43はTS15、それ以外はTS1に属することがわかる。スロット数48:4。

C:
00010001 1111
00010001 1111
000100010001 1111
00010001 1111
00010001 1111
00010001 1111
00010001 1111
00010001 1111
00010001 1111
00010001 1111
00010001 1111
000100010001 1111
00010001 1111
00010001 1111
00010001 1111
00010001 1111
00010001

スロット4,7,11,14,17,20,23,26,29,32,35,39,42,45,48,51がTS15に属することがわかる。スロット数36:16。

D:
00110011 1111
0011 1111
0011 1111
00110011 1111
0011 1111
0011 1111
0011 1111
00110011 1111
0011 1111
0011 1111
00110011 1111
0011 1111
0011 1111
00110011 1111
0011 1111
0011 1111
00110011 1111
0011 1111
0011 1111
0011 1111
00110011 1111
0011 1111
0011

面倒なので全ては書かないが、スロット4,6,8,11...52がTS15、残りがTS3に属することがわかる。スロット数30:22。



さて、このTS15とは何者なのか。と思って見てみたが、全てデータ放送のPIDで、映像を含むTSは存在しなかった。
というわけで、”破棄”で問題ないことが確かめられた。
というかこのデータ放送、STBのファームウェアな気がします。
JCOMさんの解説ページでSTBのファームアップは「任意のBS放送に合わせてください」と書いてありますしね。
閑話休題。

パッチを当てたTsPacketParser.cppの以下の部分を

if (m_TsNum[slot] > 0 && m_SlotCounter[m_TsNum[slot]] > 10)


↓↓↓

if (m_TsNum[slot] > 0 && m_SlotCounter[m_TsNum[slot]] > 22)



に編集。これで、スロット数が22以下を廃棄、対応TSを取り出すことが出来るようになった。
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。