back to TOP

admin |  RSS
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
旧Google Apps for Business
現在のサービス名は「G Suite - Gmail、ドライブ、ドキュメントなど」
https://gsuite.google.co.jp/
で管理される独自ドメイン

このサービスで作成されたユーザーは一般的なGmailのログイン画面でメールアドレスを入力するだけで、
何らGmailと変わりなく受信することが可能であり、面倒なsmtpなどの設定も不要、
サーバーが不安定になる可能性は一番低いと言っても過言ではない。稼働率99.9%保証。

加えてスマホでも普通のアカウントのようにログインできるという優れもの。
キャリアメールからスマホでフリーメールの時代、これで使えると便利ですよね。

2012年頃まではGoogleApps StandardEdition(無償版)と称して、10ユーザー1ドメインまで無料で使用できた。
今は1ユーザー600円らしい。

それはさておき、現在のGoogleApps、G Suiteの初期設定(?)ではPOP3の受信のみで、SMTPによる送信を受け付けない。
smtpfailed.png

別のアドレスから送信する場合は、Gmail の SMTP サーバーを選択できなくなりました - Google プロダクト フォーラム
https://productforums.google.com/forum/#!msg/gmail-ja/kK7cJQjc4_k/qBKEFysZMIkJ
2014/08/15
「仕様変更のお知らせです。
セキュリティの変更により、別のアドレスまたはエイリアスからメールを送信する場合は、Gmail の SMTP サーバーを選択できなくなりました。」


これはGoogleAppsの管理者により全ユーザー一括で変更が可能。
ユーザーごとの送信ゲートウェイの許可 - G Suite 管理者 ヘルプ
https://support.google.com/a/answer/176054?hl=ja

ユーザーに送信ゲートウェイの使用を許可するには:
Google 管理コンソールにログインします。
ダッシュボードから、[アプリ] をクリックし、[G Suite] > [Gmail] > [ユーザー設定] をクリックします。
[ユーザーごとの送信ゲートウェイを許可] で、[メール ドメインの外部でホストされている「送信元」アドレスを設定した場合に、ユーザーに外部の SMTP サーバーを経由したメールの送信を許可します] を選択します。



20分ほど、コーヒを飲みながらゆったりしていると、設定が可能になっていました。
これにより、abc.comの管理下にあるメールアドレスで、xyz.comのメールの送受信ができるようになりました。

smtpsuccess.png
smtpsuccess2.png

スポンサーサイト
Microsoft Office Home and Business 2016のパッケージ版
といえば3万5千円ほどする製品。
こちらのライセンスは同時に2台まで、特定されない2台のPCにおいて使用することができる。

そして最近のノートパソコン付属のものは、世代が限定されない、「Office Premium」という製品になっている。
本来プリインストール版ですから世の中には出回るはずが無いのですが、企業の大量納入などでインストールされなかったパッケージがヤフオクなどで取引されている不思議。
ヤフオク! - 「Office Premium OEM」の検索結果

こちらのライセンスは、同時に1台まで、最初にインストールしたPCに紐付けられるが、
Office2016以降へのバージョンアップ(過去の例で言えば2007→2010→2013のようなこと)の権利もついている。

そして、Officeが安いと噂されるPSN Games.orgで販売されているライセンスは何者か、調べてみた。

PSN Games.org
https://psngames.org/software/

Windowsなどもあるが取り敢えずOffice2016だけ見ると3つあることがわかる。

Microsoft Office 2016 Home and Student $32.99
Microsoft Office 2016 Home and Business $38.49
Microsoft Office 2016 Professional $43.99
値段差がたった5ドルの時点で気づけよ、という話ではあるが、真ん中の Home and Businessを注文。

ちなみに「allkeyshop」というコードで4%OFF。
2018/2/3追記: 「NEWWEBSITE」で18%OFFです。期限は不明。

決済は、これまた鍵屋で有名な「G2A」の決済システムを利用します。
Paypalもあるのですが、自分の場合エラー吐いたのでG2AのCreditCardsを選択。

※追記:psngamesでの名前入力と、Paypalの登録表記がズレてると駄目なようです。どちらも漢字にしたら通りました。

注文完了画面に、プロダクトキーが書かれていました。(Paypal決済だと違うかも?)
ちなみに同じものがメールでも送られてきましたよ。

psngames-org-checkout.png

「2016 Professionalへの無料アップグレード」ということで、「Microsoft Office 2016 Professional」らしい。
というかどれ頼んでも多分ProPlusになります。何故ならボリュームライセンスでしか販売されていないから…

前は2013を注文しても2016になったらしいですが、今はそうでもないらしいです。

”CLICK TO OPEN THE ACTIVATION GUIDE”とか書いてあるけどこれはXBOXなどのゲーム向けの案内なので無視。

https://setup.office.com/
に進んでOffice本体をダウンロード。

プロダクトキーを入れると
「Microsoft Office Professional Plus 2016」という表示が。どういうものかは後述。
言うまでも無く、ここで"Microsoftアカウントと紐付けられます。"

setupoffice.png

ここで得られるリンク先は
32bit版:
https://c2rsetup.officeapps.live.com/c2r/download.aspx?ProductreleaseID=ProPlusRetail&language=ja-JP&platform=x86
というわけで、64bitっぽくURLを弄ったら成功。
64bit版:
https://c2rsetup.officeapps.live.com/c2r/download.aspx?ProductreleaseID=ProPlusRetail&language=ja-JP&platform=x64

本来このURLの後ろに、&token=ライセンスキー&&TaxRegion=&etcと文字列が続いているのですが、必要なかったので…。
※ここからダウンロードすると、Microsoftのアカウントにログインしなくても、使えるかもしれないが分からない。

※Officeのインストール時、Microsoftアカウントでの認証を要求されますが、スキップしてプロダクトキーを入力する必要がありました。アカウント認証の下の方にプロダクトキーを入力するというボタンが有りますのでそちらから。

起動後の画面でも「Microsoft Office Professional Plus 2016」。
setupword.png

このカラクリは、「ボリューム ライセンス」という多くのライセンスを必要とする企業の為に販売されているOfficeを小売していることから成り立っています。(プリインストール版同様本来は…)
そしてこのライセンス、
「同時に1台まで、最初にインストールしたPCに紐付けられ、加えてバージョンアップは出来ない。」
最初に書いた二つよりも動かないライセンスです。
加えて部品交換で再認証が必要になるとの噂。企業で使う分にはそれでも困りませんよね。

Officeって意外と高いことを忘れがち。メーカー製PCのOfficeが占める割合、結構大きいと思います。
そんなわけでライセンスとは?という話でした。
全ては自己責任でどうぞ…。

参考:
Microsoft Windows / Officeが全部格安の桃源郷があった!Windows 10からOffice 2016まで揃い踏み
http://hitoriblog.com/?p=48158
Powered by FC2ブログ
Copyright © rencontRe Lab All Rights Reserved.