back to TOP

admin |  RSS
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
持ち歩きに使っているタブレット、Dell Venue11 7130 vPro。

i5-4300Yを搭載しており、タブレットとしてはかなりサクサク動く。

そしてタブレットなのに、バッテリーが交換できる(簡単に取り外すことが出来る。

素晴らしい。

しかもそのバッテリーは「HXFHF」という型番で、ebayやAliexpressなんかで30ドルで手に入る。

さらには、裏蓋を開けると、SSDスロット(M.2 2260 Bkey)、Wifi/BTスロット(M.2 2230 Ekey)、WWANスロット(M.2 3042 Bkey)にアクセスできる。
IMG_3193.jpg

SSDの容量アップのために、128GB→256GBに換装。ただし2260はマイナーすぎて勿体無いので2242を購入し、無理やり固定している。(ソケットに押し込むと簡易的にロックされるのでずれる心配はあまりない)

SSDはADATAのSP600シリーズを使用。
型番は、ASP600NS34-256GM-C、M.2 SSDで一番安かった。
http://jp.adata.com/jp/ssd/specification/326

SP600.png

4Kが遅い、けどまぁ問題ないでしょう。半年普通に動いてます。

換装時にWindows10をクリーンインストールしたけれども、Windows8はプロダクトキーをBIOS?が管理しているので、アップグレードツールを使わなくても勝手に認証された。「アップグレードの実績」というよりは「Win10にWin8のキーを入力した」状態に近いのだろう。

Windows10の場合、不明なデバイスは8の時の6個とは格段に減り、1つだけであった。
当てずっぽうで、NFCのドライバーをダウンロードしたらビンゴ。優秀。

分解時にはドックポートとPogoPinに繋がるケーブルを2本引き抜く。
IMG_3190.jpg

CMOSバッテリーが切れてたので、秋葉原で買ったCR1220に入れ替える。
コネクタはスポット溶接でくっついてるので、うまぁく剥がして、バネにしてチューブで絶縁して完成。
1V割ってました・・・。

IMG_3242.jpg
IMG_3243.jpg
IMG_3244.jpg
IMG_3245.jpg
IMG_3246.jpg


ふとしたきっかけでBIOSがかなりアップデートされていることを知った。

ではアップデートしよう、とDellのサイトに飛ぶ。

http://www.dell.com/support/home/jp/ja/jpdhs1/product-support/product/dell-venue-11i-pro/drivers/advanced?os=wt64a

VenueBIOS.png

入れようとした。入らないw

Dell System Detectなどという診断ツールまで入れて、サービスタグも認識させてやったのに、違うだと?

そして調べてわかった。
Venue11 713xのシリーズには三種類のBIOSがあるようだ。
・Dell Venue 11 Pro 7130 System BIOS
・Dell Venue 11 Pro 7130 vPro System BIOS
・Dell Venue 11 Pro 7139 vPro System BIOS

ミスは誰にでもある。まぁBIOSアップデートなんて購入者のうち多くがしないだろうし、問題なかろう。

IMG_3194.jpg
VenueBIOSup.png
IMG_3195.jpg


というわけでアップした。がBIOS上ではバージョンが間違ってA18ではなくX70と表示されていた。

アップ前はファンがブンブン唸って煩かったのだが、だいぶ静かになったので良しとする。

あ、あとですね、この機種、MicroUSBから充電できるんですが、内部バッテリーは7.4V。

Dell Venue 11 Pro 7140 充電用に Mobile Power 買ってきた
http://tsnb.blog.eonet.jp/2nd/2015/12/dell-venue-11-p-be05.html



充電器は5Vと19.5Vのマルチタイプ(どうやって判別しているのだろう?TypeCじゃあるまいし。)。

ただこのMicroUSBポートがとても弱っちいので多用していると即死する。

IMG_3192.jpg
IMG_3191.jpg

ちなみにそのアダプターは24W。

そしてドッキングポートからも充電できる。

そう、同じドッキングポートを使用する、Latitude10の充電器を転用出来るのだ。ちなみにそのアダプターは30W。

若干充電速度が早い。

ただしLatitude10のドッキングステーションから充電しようとすると、100mA程度しか流れないので充電台としては微妙である。
(直接繋げば1時間半で満充電になるのだが、とてつもなく充電に時間が掛かる。
まぁ深夜にバッテリーに優しい充電をしてくれる、ということで~。

ちなみにUSBポートや、オーディオインターフェースは使用可能。
正規のドックは高いし、まぁこういうのも粋ですよね。

また、アダプターのコンパクト変換プラグがついていなかった。Aliexpressやebayで買えます。

プラグ : バナ誌
http://nikobana.exblog.jp/24643861/


型番はLongwellの"E342494"という。
3ピンケーブルは太くて邪魔ですから、こういうのは有難いです。
尚、コンセント部分が折れ曲がるタイプと固定タイプがあるらしいので注意。
沢山買って売り払いました。プラマイゼロくらいにはなったかな。
IMG_4576.jpg

では。

追記:
Dell Venue 11 のボタンを使ったショートカット、スクリーンショットメモ

Windowsボタンを”押してから”Volume Upでナレーター起動
Windowsボタンを”押してから”Volume Downでスクリーンショット撮影(全画面)
Windowsボタンを”押してから”電源ボタンで「Ctrl+Alt+Delete」
スポンサーサイト
TVTest0.9.0、地上波と110度衛星だけに使用するなら転がっている奴で十分かもしれないが、

Bondriver_BDAとの組み合わせで、
Superbird-C2/B2、JCSAT-2B/5A、Asiasat-5、Intelsat-19他のSNGや通信・放送の視聴のためには、

https://github.com/DBCTRADO/TVTest/commits/develop
2016年8月中旬以降のdevブランチを使う必要がある。
(ありがたいことにMP1/2の音声に対応、大体多くの伝送はMP1/2、稀にAACという程度)
(正直これに拘る必要はなく、DVBDream等でも十分なのではあるが、テレビと同じように見れたら楽であるという理由から)

VisualStudio2013(Express)でのTVTestビルド
http://dtv.air-nifty.com/sphd/2015/04/visualstudioexp.html

ビルドだけならもうワンクリックなのでなんてこともない・・・

そして次はCATV。デジタル有線テレビジョン放送は帯域の都合により、面倒なことが行われている。

JCTEA STD-002 に規定された、PID:0x002Fを含むストリーム(のうち一部)は今までのTVTestで再生すると、大量にドロップしてしまう。
ITU-T J.183方式と呼ぶらしいが、これまたガラパゴス・・・。DVB-C2(J.382)にすればいいのに。

JCTEA STD-002-5.3 デジタル有線テレビジョン放送「多重化装置」
http://www.catv.or.jp/jctea/spec/standard/pdf/STD002.pdf

0x002f2.png
0x002f1.png

バイナリを眺めてみると、ちゃんと188バイトごとに、同一PIDごとの巡回カウンタは連続しているし、ファイルとしては問題無い。

この多重フレームヘッダ自体は全てのBSチャンネル(地元局は地上波も)に含まれているのだが、再生できなくなるかどうか(=ヘッダ自体はあっても単一ストリームならOK?)はCATV局によって異なるようだ。

多重フレームTSMF(Transport Streams Multiplexing Frame)に関して、複数搬送波伝送方式のうち、”複数の搬送波で一つのストリーム”となる(=伝送容量を超えるストリーム、8K等)は、ハードウェア側の物理的対応が必要なため、これは受信が不可能。

言い換えれば、1トラポン4番組のチャンネルを、2つの周波数帯に分けて再送信するものはOKだが、1トラポン1番組のチャンネルを2つの周波数帯にまたがって再送信するものはダメだ、ということになる。
総務省はこれをJ.183の拡張方式と呼んでいるらしい。メンドクサー。

結局。私の所は地上波BSの半分以上が再生できず。とある地域のJ:COMはBS朝日だけ、という報告もあるし、運次第ではある。

さて、ありがたいことにBonTsEngineに含まれるTsPacketParserのパッチを書いてくれた方が居たので(TSMF.txt)

それを適用する。

自分にとってはあのファイルを見て、最初は???という感じであったのだが、Windows環境でも難なくパッチ当てが成功したので、メモとして残しておきたい。

使用ソフトはGNU patch 2.5.4 (Win32 版)

プログラミング・ツール(移植ソフト)
http://cetus.sakura.ne.jp/softlab/toolbox1/index.html

TSMF.txtは2つのファイルのパッチなので
TsPacketParser.cpp.patch
TsPacketParser.h.patch
という形で分離した(しなくても良いのかもしれない。)
階層は無くなっているので、ファイルの先頭は

--- TsPacketParser.h
+++ TsPacketParsernew.h


--- TsPacketParser.cpp
+++ TsPacketParsernew.cpp


という風に編集しておいた。

TVTestのソースから、上記2つのソースファイルを持ってきて、同じフォルダに投入。

管理者権限でコマンドプロンプトを起動し、カレントディレクトリを移動

C:\Windows\system32>cd C:\Users\XXXXXX\Desktop\patc254w

C:\Users\XXXXXX\Desktop\patc254w>patch < TsPacketParser.h.patch
patching file TsPacketParser.h
patch unexpectedly ends in middle of line
Hunk #1 succeeded at 40 with fuzz 2.

C:\Users\XXXXXX\Desktop\patc254w>patch < TsPacketParser.cpp.patch
patching file TsPacketParser.cpp
patch unexpectedly ends in middle of line
Hunk #7 succeeded at 266 with fuzz 1.


そして出来たファイルを元のフォルダに戻して終わり。

無事全てのチャンネルで正常に再生できるようになった。

嘘嘘、地上波とその他のBSはOKになったが、BS11とBS12 トゥエルビは×。今度ヘッダを見返してみましょう。
見返しました。

また別の記事で書くが、地上波のチャンネルはパススルーとトラモジ両方で配信されており、画質を見比べると圧倒的にトラモジチャンネルが綺麗。ビットレートが倍くらいあるようだ。
当該ストリームのみを取り出してみたらビットレートは普通の地上波同等でした。
ということは、余っているスペースが勿体無い・・・?
通称SoftAP。

今までは「netsh wlan set hostednetwork mode=allow」とかなんとか面倒なものが必要だったわけです。

まぁバッチファイル作っていましたがやっぱり面倒。

そしてWindows10 Anniversary Update バージョン1607でついにGUIが誕生。

今まで、WWANモデムのモバイルホットスポットは利用可能だったのですが、中継器のように使うことは不可能でした。

これにより、例えば機内Wifiで、簡単に複数の機器で安く利用できるようになるわけです。

いいですね。

SoftAP_1511.png
SoftAP1607.png
2年程前に記事にしたONKYOの100円スピーカー。

ONKYOのスピーカーを100円で手に入れたので早速改造したよ
http://nyarudiary.blog.fc2.com/blog-entry-23.html
GX-70AXのコンデンサ容量メモ
http://nyarudiary.blog.fc2.com/blog-entry-25.html
GX70AXのコンデンサ交換(実施編)
http://nyarudiary.blog.fc2.com/blog-entry-36.html

ある日の深夜、突然の破裂音、爆発音がした。

修理も面倒なので、別に持っていたGX-D90に入れ替え、故障扱いとして放置していたのですが、半田ごてを久々に握ったのでついでに修理をしようと思って再び分解をした。

まず、爆発音がした時も、変わらず後ろでは音が流れていること、そして音量調節に関係なく爆発音がすることより、アンプの電源がおかしいだろうと断定。

そして基盤を見てみると・・・。

IMG_3183.jpg

焦げてました。

断定はできないけれど、アンプが発振したご様子。

コンデンサを吊ってるのも問題ですし、正規位置に戻しましょう。
結局電源部分の平滑コンデンサはオーディオ用にした意味はあまり無かった感じ。

IMG_3184.jpg

今回はニチコンKAシリーズを選択してみました。

取り敢えず問題なさそうなので様子見です。
Powered by FC2ブログ
Copyright © rencontRe Lab All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。