back to TOP

admin |  RSS
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もう年の瀬ですね。来年もどうぞ宜しくお願い致します。

さて、私はスマホでやっている「THE IDOLM@STER MILLION LIVE! 」のゲームでタッチミスが暴発したので
無線マウスを使おうとしたのですが、同時に充電できない、と思い立ったのが制作の経緯です。

ちなみに、この時点では金属接点から充電している場合のUSBホスト接続が可能なのかは不明だったので多少の冒険でした。

SOL23以降はマグネット充電となり、大変便利になりました。
他のメーカも見習ってくれるといいのですが、規格化はされていないので、乱立が期待されそうです。
12/29追記:富士通F-02Gにてマグネット式充電端子を確認しました。残念ながら四極の模様

SOL22は付属品として充電台が付属しています。
が、カバーをつけていると入りません。
ソニーも少しは考えてくれるとよかったのですが、メーカー側としては熱の籠るカバーはお嫌いなようです。
さらに、付属の充電台を写真のように改造する方もいます。(画像:2chから引用)
10884d11.jpg

僕もコレやっていたんですが、横向きでは操作しにくいですし、何より不安定です。
(ドックにおいた時に回転する制御はrootを取った上でツールにて無効化)

というわけで作ります。

IMG_1690.jpg

1.まずは金メッキのピンを充電台から流用し、こんな形に曲げます。

IMG_1691.jpg

2.家に転がっているプラ版に穴を開けたりしてこんな形のベースを作ります。

IMG_1694.jpg

3.裏には高さ調整の角棒を入れてやります。

IMG_1692.jpg

4.スマホ固定用の角棒です。ライターで炙りながら曲げます。

IMG_1695.jpg

5.コードと充電台の基板を適当に固定します。ケーブル太さはAWG24(協和ハーモネット製)を使用しました。
前に記事にした通り、電線が細いと定格電流で充電出来ないので、あまりにも細すぎる電線はお勧めしません。
このケーブルでは定格1AのACアダプターにて、1.01Aの充電を確認できました。

IMG_1696.jpg

6.完成。USBポートは空いているので、ホスト機能のためのホストケーブル+マウスを接続したところ、無事に動いてくれました。

※ちなみに、端末からみて上側が+5V、下側がGNDです。

HTC J Butterflyの充電スタンドを500円で作ってみた:週間リスキー

別にこういう簡単な方法でも良いのですが、テンションが軽いと普通に接触不良を起こすのでバネ性を重視した形にしました。スマホの全荷重がかかる水平置き且つ端子が下にある場合は上の記事の方法でも問題なさそうです。

それでは。
スポンサーサイト
こんばんは。

通信制限にNO!

とか

お客様満足度NO.1

と銘打っていたWIMAX。
WIMAXはベストフォート40Mbps、通信容量制限なし!ということで外で動画を見たりうpしたりするのに、
「都会に住んでいる限りは」とても重宝する存在でした。

下のAeroなんかとても軽いし超便利(だった。
IMG_1668.jpg


今最新のサービス!ということでWIMAX2というものがありますね。
最大通信速度110Mbps(ただし容量制限在り)といういかにも携帯電話各社のLTEに対抗意識を燃やしているサービス。
※キャリアアグリゲーションによって220Mbps、また今後それ以上にもなるようです。

WIMAXは通信制限がなかったからお客様が食いついてきたんですよね?

契約者にはWiMAX 2+ 史上最大のタダ替え大作戦なるものの宣伝が来てます。

確かに今WIMAX2は始まったばかりですから、キャンペーンで

「ハイスピードモードの「WiMAX 2+」通信に対し、課金開始月から最大25ケ月間、通信速度制限(月間7GB超)を実施しません。」

なんてものをやっています。ただし

「LTEオプション対応機種の場合、ハイスピードプラスエリアモードで通信速度制限(月間7GB超)が適用された後は、ハイスピードモードの「WiMAX 2+」通信もその制限の対象となります。」

まぁここはauのLTE非対応機種を使えばいいわけですが・・・、もっと酷いのがこれ。

「また、当日を含まない直近3日間の「WiMAX 2+」「au 4G LTE」の通信量の合計が1GB以上となった場合は、「au 4G LTE」の通信速度を終日制限する場合があります。なお、2015年4月以降は、「WiMAX 2+」通信もこの終日制限の対象となることがあります。」

つまり、今現在では一切通信制限なしで使用することができます。あと四ヶ月ちょっとでゴミになるわけです。

料金も二年間は現状維持できますが、それが終わればほぼ毎月5000円位かかるってことですよ。

さらにWIMAXを継続している客は(WIMAX2に変えない客は)気づかないうちに更に酷い目に。

こちらをご覧下さい。
WiMAX 2+におけるキャリアアグリゲーションの導入について
http://www.uqwimax.jp/annai/news_release/201410272.html

「UQは、周波数を効率的に利用し、より多くのお客様に快適なインターネット通信をお楽しみいただけるよう、現在、WiMAXサービスを提供している周波数帯域30MHzのうち20MHzをWiMAX 2+サービスへ切り替えるとともに、すでにWiMAX 2+サービスを提供している20MHzと合わせてキャリアアグリゲーションを導入し、WiMAX 2+サービスで下り最大速度220Mbpsの高速化を実現してまいります。

これにともない、WiMAXサービスの下り最大速度40Mbpsエリアは、来春より順次、下り最大速度13.3Mbpsエリアへ切り替わりますが(以下略)」

要約すると、WIMAX2の速度あげたいからWIMAXのアンテナ減らすねっ!ってことです。
最大通信速度13.3Mbps。あれあれ?FOMAハイスピードレベルじゃないですか!
あ、どこかで書きましたがこの速度では仮にMAX出たとしても地デジの(Spinelからの)ロケフリ環境は作れません、最低15Mbps必要なので。

コッソリアンテナ減らして、客に切り替えを進めさせ、近いうちに制限付きになるWIMAX2。

これならね、ぷららとかの無制限MVNOでも使ったほうがいいわけですよ。

以下の記事によれば速度はもう既に遅くなっているようです。

今 Wimax2+に乗り換えるのは情弱だよね。。。 (笑) - 底辺主義

新しいスローガンは

WIMAXにさようなら!

でどうでしょうか。

では。
Powered by FC2ブログ
Copyright © rencontRe Lab All Rights Reserved.