back to TOP

admin |  RSS
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さてさて。
IEを淘汰している?GoogleのBrowser、Chromeですが、動作が軽く、1コアのAtomでもフリーズすることなく使えるため、所持しているPC全てメインブラウザはChromeに統一しています。

ChormeにはGoogleアカウントによるsync、ブックマーク同期があるのですが、ある日を境に、ブックマークを削除しても消えない消えない!という現象が発生、放置していたのですが段々ストレスになってきたので、対処してみることにしました。

最初に言っておきますが、もしこの作業においてブックマークが吹っ飛んでしまっても責任は負いませんのであしからず。

①まず最初にChromeを使っているデバイス全ての同期を切断します(アカウントのログアウト)

WindowsのChromeであれば、chrome://settings/にアクセスし、

キャプチャ

Googleアカウントの切断をクリックします。

Android、iOS等の端末のログアウトもお忘れなく。

ここからが重要ですのでお間違いのなきよう。

正常なブックマークが保存されているブラウザ一つのみ、以下のチェックボックスを外し、それ以外のブラウザではチェックボックスを入れ、ブックマークを空にします。
キャプチャ1

ここまでの作業で、ブックマーク同期は切断されており、一端末のみにブックマークが保存され、それ以外の端末ではブックマークは空になっているはずです。

③ChromeSync→https://www.google.com/settings/chrome/sync?hl=ja
にアクセスして、左下の停止して消去をクリックします。

④ブックマークを保存してあるブラウザで、Chromeの同期を再開します。数分すると、ChromeSyncのブックマーク数が0から保存してある数まで増えているはずです。

⑤10分もすれば同期は終わるはずですので、ログアウトしていた端末で再ログインしていただいで構いません。


これで無事に同期ができるようになったはずです。
出来なかったらLANケーブルでも挿してないのではないでしょうか(暴言

それでは。
スポンサーサイト
こんにちは。Bluetoothといえば無線で音楽を聞いたり電話をしたり・・というイメージだと思いますが

昔購入したDRC-BT30は電池がへたり、昨今の高音質規格apt-xやAACに対応しておらず、
もう一つLBT-HP30は分解してしまったので持ち歩くことができず、いろいろと探しておりました。

ふと某オークションを眺めていると1000円程でお安いレシーバーをみつけ、apt-x、AAC両対応だったので即購入に至りました。

買ったのはこちら。
価格.com - ロジテック LBT-AVAR300BK [ブラック] 価格比較

IMG_1594.jpg

ちなみにイヤホンジャックタイプでないものは繋がっているイヤホンが残念なことが多いので論外です。

IMG_1595.jpg

充電端子はMicroUSBで、スマホと同じですから、充電にも困ることはなさそうです(ただし端子がむき出しなので注意)

軽く聞いてみたところ、少しホワイトノイズが多めな気がしますが、元々アンテナが悪いようなので、気にしないことに。

さて、高音質規格のapt-x、AACについてです。これらの規格は自動判別されるようで、特に設定は必要ありません。

iphoneにつないでゲームをしてみると、少しだけラグがありました。ただSBC接続の時と比べて(AACは)遅延が32msということで耐えられるレベルでした。
遅延の設定を調整できるアプリなら問題ない範囲だと思います。

そして一番電池の消費量が多いapt-xですが・・・。
SOL22につないでみると、点滅パターンがSBCな事に気づきました。

以下の記事を見ればわかるのですが
ドコモ「Xperia A SO-04E」 ~全部入りでサクサク動き防水防塵のAndroidスマートフォン
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/nishikawa/20130614_603542.html
同端末のauVerのSOL22は

「非常に残念な事として、発表当初、同社の製品情報のBluetoothの項目に「A2DP/aptX」と書かれ、他のサイトでもaptX対応で喜びの声が数多く上がっていた。もちろん筆者もその1人だ。

 しかし、6月7日に同ページを確認したところ、aptXの記述が消えていた。実は、以前掲載したAAC/aptX対応のBluetoothスピーカー「ForceMedia BeCool」が、SBC接続になるので、おかしいなと調べていたところだ。編集部経由で同社の広報に確認したところ、“aptXには非対応で誤記だった”とのことで、6月6日の時点で修正されている。」

ということで、この発売から数日後に買っているものとしては残念な事が判明。

というわけでapt-xはまだ試すことができていません。
しかしながら、電池の持ちはSBCの方が断然良いわけですし、私がBluetoothを使うのは電車の中等々ですから妥協点かと思います。

最新のキャリアから発売されている端末であれば間違いなくと言っていいほど対応していると思うので、困ることはなさそうです。
ちなみにこのレシーバー、Bluetooth3.0で、最新の4.0のひと世代前ですが、
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/column/20111207/1039448/?rt=nocnt
性能的には大差なく、
PCのWifiモジュール、HMW7260はBluetooth4.0なので、こちらも問題なかろうかと思います。
こんばんは。そういえば、7月にスピーカーのコンデンサを交換しますかね・・・なんて話をしていましたね?
http://nyarudiary.blog.fc2.com/blog-entry-25.html

購入は7月中に済ませていたものの時間が取れずに8月に持ち越しました。そしてなんで今さら記事にするか、といえば一箇所容量を間違えていた上に、電源ラインのコンデンサの定格が出力電圧以下だったからでございます。

買ったコンデンサは
・ニチコン 「FWシリーズ」
・ニチコン 「MUSE-KZシリーズ」(FWの上位品)
・東信工業 Jovial 「UTSJシリーズ」
・東信工業 UTWRZ(マザーボード用低インピーダンス)
の四種類です。

かなり数があるので過程は飛ばしますが、吸い取り線を使わないと難しい箇所がありました。

IMG_1480.jpg

定格が違うので当たり前ですが、かなり大きくなりました。
元々16V220μFがついていた場所にはちょうどいい定格のものが見つからず50V220μFのMUSEを使用しましたが、デカすぎてケースに引っかかってしまうので取り敢えず無理矢理付けましたが、時間があったら探して交換したいと思います。

IMG_1482.jpg

銀と金の回路で見た目は美しい。

IMG_1588.jpg

フラットケーブルの後ろは作業がしにくいですね・・・。ちなみに一つ変わってないものがありますが、容量の確認ミスだったので変えていません。

IMG_1492.jpg

電源ラインのコンデンサはこれがついていましたが、かなり小型のもので、FineGold・UTWRZは入らなかったので裏につけます。

IMG_1589.jpg

7月に買ってきたFineGold(16V4700μF)。測ってみたら19Vかかってたので、これはあまりよろしくないと思いつつ8月から2ヶ月間これで聞いてみました。

IMG_1590.jpg

10月になって25V定格のもの(UTWRZ)が買えたので交換しました。電源ラインは低インピーダンスモデルの方がいいような気がします。
ちなみに、安定させるためにコンデンサはホットボンドで固定しています。

さてさて、片方は定格超えの間違った使い方ではありますが、折角なので直感的な聞き比べです。


美しい。


がそれ以上にコメントすることもない。


作業時間は二時間ほどでした。
自己満足ではありますが、これからも活躍してくれるでしょう。
スピーカーの価格よりコンデンサの価格の方が明らかに高いのは気にしない?

※注意:コンデンサ交換等により重大な事故・怪我等が発生しても責任を負えませんので、ご了承ください。
お久しぶりです。時代の変化も早いもので、スマートフォンが市場に出回り始めてから、IT関連の分野は急速に発展しています。
とはいえ一部の変態以外はそこそこの期間、同じガジェットを使い続けるわけで、バッテリーの問題が浮上するわけです。

かくいう私も各種Androidや林檎製品を使っているわけですが、内蔵電池だけでは持たないことがあるので、モバイルバッテリーを持ち歩いています。
アキバで買った10400mAhのもの(分解したらサムスン製の18650が5本入ってました)と、PanasonicのQE-PL201(5400mAh)をメインに使用しているのですが、
iphone5はすぐに充電が終わる(=急速充電?)なのにXperiaちゃんはとても時間がかかります。

というわけで、電流量を調べるためにあるものを購入しました。

Readmore »
Powered by FC2ブログ
Copyright © rencontRe Lab All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。