back to TOP

admin |  RSS
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ミーンミンミンミン・・・。

二年ほど前某所でスピーカーが必要だったので、電源内蔵タイプのスピーカーを探していた時、アキバで見つけたスピーカー

セルサス製のCSP-3110B。



1500円で低音がいいですねぇと書かれていたので購入したのですが、最近になって、右側の音が出なくなったので修理してしまいましょう。

IMG_1445.jpg

開け方は簡単、背面の辺四カ所のネジを外すだけです。(真ん中2つはトランスの固定ネジです)

IMG_1446.jpg

入力端子はプラスチックのグラグラのものがホットボンドで止められていたので、ネジ式のものを買ってきました。(画像は交換済み)

IMG_1448.jpg

メインの基板です。ヒェェェ・・・、足が切られてないわ、はんだがついてないわ、さすが中国製の安物、といったところでしょうか。

IMG_1447.jpg

コンデンサも交換しようとは思ったのですがさすがにこれにお金をかける気は起きなかったので、足をしっかり半田で固定して、出力テストして終了(画像は修理前)。

内部の基板見てると、とても簡単な回路で(まそりゃあそうですが)面白いです。

機会があったら自分でアンプを作りたいところですが・・・。
スポンサーサイト
やっはろー!なんだか天気のおかしな夏でございます。

今日は小ネタです。

何かと便利なスイッチですが、小型のプッシュスイッチになると、ほとんど全部モーメンタリーになってしまいます。
そこで見つけたのが
ミヤマのMS666という小型プッシュスイッチ(オルタネイト)。

IMG_1382.jpg

ね?小さいでしょ?

IMG_1381.jpg

価格は100円、東京ラジオデパートの二階、瀬田無線さんで販売しておりました。数は少なかったですが。
どうも、じゃない、問題だ。

新幹線で移動の最中、さあ井口裕香さんの最新アルバム「Hafa Adai」を聞いて眠ろうとした瞬間。

耳の中に「ブチッ」という爆音が走りました。

おい!俺のミルキーウェイ↑↑↑タイムは何処へ行ったんだ・・・!

※楽曲ポニーテールの中の歌詞の一部。ラジオでネタになった。


というわけで私のウォークマンの電源が落ちたわけなのですが。
電源を入れてちょっと振動があると、すぐに落ちる・・・
バッテリーの接続不良か?原因を突き止めるため、どうせ保証も切れてますし、分解することにしました。

IMG_1412.jpg

実は画面が少し割れている端末ではあるのですが笑

IMG_1413.jpg

開け方は簡単、裏のシリアルナンバーのプラスチックの板が両面テープでくっついているので、丁寧に剥がしていきます。

IMG_1424.jpg

IMG_1415.jpg

蓋を持ち上げた瞬間、ネジがポロッと・・・。イヤホン端子がグラグラしていたのはこのせいだったようで。
(SONYさんもう少し硬く締めてくださいねっw

蓋は先ほど外したネジ2つ以外はネジで固定されていないので、WMポートの下からゆっくりと持ち上げていきます。
上部は爪と両面テープで止められています。

IMG_1414.jpg
全体像が見えました。
上部を止めていた両面テープのついた部品を外します。

IMG_1416.jpg

IMG_1418.jpg

スピーカーはホコリだらけ。結構小型でもしっかりしています。ネジ1つで固定されているので、ケーブル端子のはしを持ち上げて抜けば外れます。

IMG_1417.jpg

バッテリーは3.7V1280mAh。このサイズならもう少し大容量のものを見つけられそうです。

IMG_1420.jpg

さてさてメインの基板が外れました。HDMI端子が引っかかるのでちょっと無理をした感じがありました。

IMG_1419.jpg

グラグラのイヤホン端子。中をエアダスターでしっかり吹き飛ばしました。接点の清掃もしましょう。

IMG_1421.jpg

ちなみにバッテリーの下には液晶とボタンに繋がるケーブルがあります。切れそうでとても外すのが怖いw

IMG_1422.jpg

イヤホン端子を外したところ。本体は鉛で出来てるのかな・・・?そこそこ重いですからね。

IMG_1423.jpg

というわけでバッテリーを繋ぎ直したら安定してくれました。端子の接続不良だと信じていますが・・・。

分解レベルはとても低いので、改造もしやすそうですね。

そして気持ちの問題かもしれませんが、綺麗に清掃したせいか、低音が少し強くなった気がしました。

それではお聞きください、「井口裕香さんで、『ポニーテール』」。See you!
どうもこんばんは。
今まで三年ほど使っていたBUFFALOのWZR-G450Hの調子がおかしく、処理に異常な時間がかかるようになったのでそろそろ買い換えようかと思っていたら、なんかパソコンのASUSがルーターを出してるようで。

NECとかBUFFALOとかとやることが違いますね。欲しい物全てが詰まっています。

そんなルーターがこちら
ASUS 11n/a/g/b/ac 無線 Lan ルーター RT-AC68U
http://www.amazon.co.jp/dp/B00GJIEYBI/


というわけでAmazonではなくヨドバシで買ってきました(何故

IMG_1372.jpg

まずパッケージがデカイ。microATXの箱と同じくらいありました。そして重いです。

IMG_1373.jpg

本体表。綺麗な縞模様があり、見る角度によって変化します。手垢は全然付きません。
ロゴがかっこいいですね。

IMG_1377.jpg

裏。USB2.0、3.0、WAN、LAN*4、ACinがあります。真ん中のライトは消せるみたいですがなんだか凝ってるなぁと。

IMG_1378.jpg

付属のケーブルはCat.5eでした。別に問題はないですがCat.6が余っていたのでそちらを流用しました。

IMG_1375.jpg

アンテナを付けたところ。デカイ。でも特に揺れることなく安定します。

IMG_1376.jpg

ACアダプターはXperiaについてくる形のものに似てます。端子が小さいのがなんだか不安になりますw

IMG_1380.png

さて、簡易設定でつないでみるのですが・・・。
最初ASUSという鍵のかかっていないSSIDが飛んでました、そのまま使いたい方、要注意ですね。

わかりやすいように5Gと2.4Gで名前をつけました。

そしてこのルーターのいいところはデュアルWANが使えるところですね。ブロードバンドを2つ引いているので、どちらかがダメになっても自動で切り替わります。特に難しい設定はなし。
キャプチャ

片方はPPPoEで使用するので、モードはルーターモードで使用します。
イーサネットコンバーターにするにはちょっと高すぎますね。DD-WRTをBUFFALOのルーターに入れたほうが良さそうです。

キャプチャ

さて、肝心の速度ですが、なんとこの記事書いているPCはb/gにしか対応していないので最大でも54Mbpsしか出せません。
というわけで最新スマホでチェック・・・したところ、120Mbpsを記録。1000BASE-TXに有線で繋いでいた時にも出なかった数字をたたき出しました。
とはいえこの端末XperiaULも802.11nの2ストリームですから300Mbpsが限界です。

802.11acのPCは・・・つい先日マザーを買いましたね。そう、ASrockの板です。

ですがCPUをまだ入手していないのでお預けです・・・!

取り敢えず、ブロードバンドに関しては、限界を出しているようなので、あとはDiximとかの家庭内インターネットでどこまでのパフォーマンスを出せるか、でしょうかね。

acでの速度は、また石を入手しし次第レビューしようと思います。

今回はここまで!
Powered by FC2ブログ
Copyright © rencontRe Lab All Rights Reserved.