back to TOP

admin |  RSS
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Spinelは相当前に更新を終了したソフトのため、新規デバイスを適用するには手動で追加してやる必要がある。

ISDB-TデバイスやISDB-S、DVB-S2など以前から使用されていたデバイスに関しては見よう見まねで設定すればどうにかなる。
(例えばS270やTBS6904等)

しかしDVB-C(nearly ISDB-C)では少し苦労した。のでメモとして残しておく。

ちなみにどこかに既に書かれていたら申し訳ないのだが、如何せんユーザーは少ないのできっと何処かで役に立つだろう。



Readmeにある通り、DeviceDefinitionsと、BonDriverMapping.jsonを編集する必要があるのだが、
例えば、Mapping内で、

/* BonDriver_PT3-ST */
{
"DeviceName": "PT3",
"Mapping": {
"ISDB_T": "^BonDriver_PT3-T.*?\\.dll$",
"ISDB_S": "^BonDriver_PT3-S.*?\\.dll$",
}
},


とある、ISDB_Tの要領で、ISDB_CやDVB_Cと入れても、例外エラーとなる(当たり前である)。

実はここ、数字でもいいらしい。
試しに、「0」と入れたら、「複合チューナー」と表示された。

同じように、xmlも編集する。ちなみにCountはデバイスあたりのチューナー数。
同じUSBチューナーを2本挿しているからと言って2にするのはオススメしない。

TunerDefinition TunerType="0" Count="1"

コンボ型チューナーの場合、カンマ区切り云々の記述があるのだが、この方法で、「0,2」のように記述するとエラーを吐くので、
TunerDefinition タブを二回繰り返して書いてやれば良い。

そんなわけで、数字の対照表。
0:DVB-C・ISDB-C (複合チューナー表記)
1:ISDB-T (地上Dチューナー)
2:ISDB-S (BS/CS110チューナー)
3:ISDB-T,S (地上D/BS/CS110チューナー)
?:DVB-S2は分からず(DVB_S2と入れることで、CSチューナー表記となる)

Bondriver_Spinelに記述する、TunerPathに関しては、
BDA Network Providerの定義から取得しているのか、自動で「C」表記となっていましたよ。

spinel-c.png

以上
スポンサーサイト
TVTest0.9.0 多重フレームヘッダ対応パッチ当ての続編。
多重フレームヘッダ情報の構成に関して詳細な調査が必要そうだったので、まずは三種取り出してみた。

ARIBの構成情報についての情報は以下の通り。(デジタル有線テレビジョン放送方式に関する多重フレームヘッダ情報の構成 )
http://www2.arib.or.jp/johomem/pdf/2000/2000_0522.pdf
tsmfconfig5.png
tsmfconfig1.pngtsmfconfig2.pngtsmfconfig3.pngtsmfconfig4.png


479MHz WOWOWシネマ(加工なしで再生可能) -Aとする(以下略

47 00 2F 18 FA 86 61 40 01 FF FF FF FF 44 51 00 04 FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF 00 00 00 02 22 22 22 22 22 02 22 22 22 22 20 22 22 22 22 20 22 22 22 22 22 02 22 22 22 22 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 B6 67 09 97

123MHz BS日テレ(TSMFpatchで対応) -B

47 00 2F 17 E5 79 C1 80 03 40 D0 00 04 FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF 41 45 00 04 00 00 00 02 11 11 11 11 1F 11 11 11 11 11 F1 11 11 11 11 F1 11 11 11 11 1F 11 11 11 11 11 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 A7 0E D6 9A

423MHz BS11(TSMFpatchでも不可) -C

47 00 2F 1A FA 86 41 80 03 40 90 00 04 FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF 41 24 00 04 00 00 00 02 11 F1 1F 11 1F 11 F1 1F 11 F1 1F 11 F1 1F 11 F1 1F 11 1F 11 F1 1F 11 F1 1F 11 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 B6 42 C9 2B

689MHz BS12(TSMFpatchでも不可) -D

47 00 2F 1B E5 79 01 20 03 FF FF FF FF FF FF FF FF 40 92 00 04 FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF 41 17 00 04 00 00 00 02 33 F3 F3 F3 3F 3F 3F 3F 33 F3 F3 F3 3F 3F 3F 33 F3 F3 F3 3F 3F 3F 3F 33 F3 F3 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 8B 9F A9 32



赤字部分はMPEG2-TS同期バイト0x47、多重フレームPID0x002F。青文字は同期信号、フレームごとにビット反転。

緑文字が変更指示とスロット情報。
ここからそれぞれのスロット情報を取り出してみると、全て以下のようになった。(変更指示の3ビットを取り除く)
A:0 0001 010000000000000 1
B・C:0 0001 100000000000001 1
D:0 0001 001000000000001 1
ということで、
「静的割当、多重フレーム形式0x1(最大53フレーム、15TS)」
「AはTS2が有効、B,CはTS1とTS15が有効、DはTS3とTS15が有効」

続いて識別子/相対TS番号対応情報を見る。(TSID・TS識別/NIT・オリジナルネットワーク識別)
A-相対TS2:TSID 0x4451 / NIT 0x0004
B-相対TS1:TSID 0x40D0 / NIT 0x0004
B-相対TS15:TSID 0x4145 / NIT 0x0004
C-相対TS1:TSID 0x4090 / NIT 0x0004
C-相対TS15:TSID 0x4124 / NIT 0x0004
D-相対TS3:TSID 0x4092 / NIT 0x0004
D-相対TS15:TSID 0x4117 / NIT 0x0004

紫文字の送受信制御情報はどうでも良い。勿論全て良好。

さらに相対TS番号/スロット対応情報。第2-53スロットの相対TS番号。分かりやすく改行した。
A:
0010001000100010001000100010001000100010 0000
0010001000100010001000100010001000100010 0000
001000100010001000100010001000100010 0000
0010001000100010001000100010001000100010 0000
001000100010001000100010001000100010

スロット12,23,33,44はTSパケットが配置されないスロット、残りがTS2に属することがわかる。スロット数48:4(無効)。

B:
000100010001000100010001000100010001 1111
0001000100010001000100010001000100010001 1111
000100010001000100010001000100010001 1111
0001000100010001000100010001000100010001 1111
0001000100010001000100010001000100010001

スロット11,22,32,43はTS15、それ以外はTS1に属することがわかる。スロット数48:4。

C:
00010001 1111
00010001 1111
000100010001 1111
00010001 1111
00010001 1111
00010001 1111
00010001 1111
00010001 1111
00010001 1111
00010001 1111
00010001 1111
000100010001 1111
00010001 1111
00010001 1111
00010001 1111
00010001 1111
00010001

スロット4,7,11,14,17,20,23,26,29,32,35,39,42,45,48,51がTS15に属することがわかる。スロット数36:16。

D:
00110011 1111
0011 1111
0011 1111
00110011 1111
0011 1111
0011 1111
0011 1111
00110011 1111
0011 1111
0011 1111
00110011 1111
0011 1111
0011 1111
00110011 1111
0011 1111
0011 1111
00110011 1111
0011 1111
0011 1111
0011 1111
00110011 1111
0011 1111
0011

面倒なので全ては書かないが、スロット4,6,8,11...52がTS15、残りがTS3に属することがわかる。スロット数30:22。



さて、このTS15とは何者なのか。と思って見てみたが、全てデータ放送のPIDで、映像を含むTSは存在しなかった。
というわけで、”破棄”で問題ないことが確かめられた。
というかこのデータ放送、STBのファームウェアな気がします。
JCOMさんの解説ページでSTBのファームアップは「任意のBS放送に合わせてください」と書いてありますしね。
閑話休題。

パッチを当てたTsPacketParser.cppの以下の部分を

if (m_TsNum[slot] > 0 && m_SlotCounter[m_TsNum[slot]] > 10)


↓↓↓

if (m_TsNum[slot] > 0 && m_SlotCounter[m_TsNum[slot]] > 22)



に編集。これで、スロット数が22以下を廃棄、対応TSを取り出すことが出来るようになった。
TVTest0.9.0、地上波と110度衛星だけに使用するなら転がっている奴で十分かもしれないが、

Bondriver_BDAとの組み合わせで、
Superbird-C2/B2、JCSAT-2B/5A、Asiasat-5、Intelsat-19他のSNGや通信・放送の視聴のためには、

https://github.com/DBCTRADO/TVTest/commits/develop
2016年8月中旬以降のdevブランチを使う必要がある。
(ありがたいことにMP1/2の音声に対応、大体多くの伝送はMP1/2、稀にAACという程度)
(正直これに拘る必要はなく、DVBDream等でも十分なのではあるが、テレビと同じように見れたら楽であるという理由から)

VisualStudio2013(Express)でのTVTestビルド
http://dtv.air-nifty.com/sphd/2015/04/visualstudioexp.html

ビルドだけならもうワンクリックなのでなんてこともない・・・

そして次はCATV。デジタル有線テレビジョン放送は帯域の都合により、面倒なことが行われている。

JCTEA STD-002 に規定された、PID:0x002Fを含むストリーム(のうち一部)は今までのTVTestで再生すると、大量にドロップしてしまう。
ITU-T J.183方式と呼ぶらしいが、これまたガラパゴス・・・。DVB-C2(J.382)にすればいいのに。

JCTEA STD-002-5.3 デジタル有線テレビジョン放送「多重化装置」
http://www.catv.or.jp/jctea/spec/standard/pdf/STD002.pdf

0x002f2.png
0x002f1.png

バイナリを眺めてみると、ちゃんと188バイトごとに、同一PIDごとの巡回カウンタは連続しているし、ファイルとしては問題無い。

この多重フレームヘッダ自体は全てのBSチャンネル(地元局は地上波も)に含まれているのだが、再生できなくなるかどうか(=ヘッダ自体はあっても単一ストリームならOK?)はCATV局によって異なるようだ。

多重フレームTSMF(Transport Streams Multiplexing Frame)に関して、複数搬送波伝送方式のうち、”複数の搬送波で一つのストリーム”となる(=伝送容量を超えるストリーム、8K等)は、ハードウェア側の物理的対応が必要なため、これは受信が不可能。

言い換えれば、1トラポン4番組のチャンネルを、2つの周波数帯に分けて再送信するものはOKだが、1トラポン1番組のチャンネルを2つの周波数帯にまたがって再送信するものはダメだ、ということになる。
総務省はこれをJ.183の拡張方式と呼んでいるらしい。メンドクサー。

結局。私の所は地上波BSの半分以上が再生できず。とある地域のJ:COMはBS朝日だけ、という報告もあるし、運次第ではある。

さて、ありがたいことにBonTsEngineに含まれるTsPacketParserのパッチを書いてくれた方が居たので(TSMF.txt)

それを適用する。

自分にとってはあのファイルを見て、最初は???という感じであったのだが、Windows環境でも難なくパッチ当てが成功したので、メモとして残しておきたい。

使用ソフトはGNU patch 2.5.4 (Win32 版)

プログラミング・ツール(移植ソフト)
http://cetus.sakura.ne.jp/softlab/toolbox1/index.html

TSMF.txtは2つのファイルのパッチなので
TsPacketParser.cpp.patch
TsPacketParser.h.patch
という形で分離した(しなくても良いのかもしれない。)
階層は無くなっているので、ファイルの先頭は

--- TsPacketParser.h
+++ TsPacketParsernew.h


--- TsPacketParser.cpp
+++ TsPacketParsernew.cpp


という風に編集しておいた。

TVTestのソースから、上記2つのソースファイルを持ってきて、同じフォルダに投入。

管理者権限でコマンドプロンプトを起動し、カレントディレクトリを移動

C:\Windows\system32>cd C:\Users\XXXXXX\Desktop\patc254w

C:\Users\XXXXXX\Desktop\patc254w>patch < TsPacketParser.h.patch
patching file TsPacketParser.h
patch unexpectedly ends in middle of line
Hunk #1 succeeded at 40 with fuzz 2.

C:\Users\XXXXXX\Desktop\patc254w>patch < TsPacketParser.cpp.patch
patching file TsPacketParser.cpp
patch unexpectedly ends in middle of line
Hunk #7 succeeded at 266 with fuzz 1.


そして出来たファイルを元のフォルダに戻して終わり。

無事全てのチャンネルで正常に再生できるようになった。

嘘嘘、地上波とその他のBSはOKになったが、BS11とBS12 トゥエルビは×。今度ヘッダを見返してみましょう。
見返しました。

また別の記事で書くが、地上波のチャンネルはパススルーとトラモジ両方で配信されており、画質を見比べると圧倒的にトラモジチャンネルが綺麗。ビットレートが倍くらいあるようだ。
当該ストリームのみを取り出してみたらビットレートは普通の地上波同等でした。
ということは、余っているスペースが勿体無い・・・?
Cable4k1.png
自宅はCATV局(イッツ・コミュニケーションズ)の地上波パススルーが導入されており、安定した録画生活が送れている。
※BS・CSは屋根上アンテナからの混合であり、BSCSパススルーではない。勿論トラモジ”でも”配信されている。

チャンネルはNHK-G、NHK-E、NTV、EX、TBS、TX、CX、MX、TVKと、田舎に比べるともうこれだけで十分であるのだが、
サービスの解説によれば、チバテレビとテレビ埼玉がトランスモジュレーション方式で区域外再放送されている。

CATVのSTBにB-CASとC-CASが入ってることからわかるように、B-CASで処理するチャンネルと、C-CASで処理するチャンネルがある。
トラモジチャンネルは全てC-CASだと思っていたのだが、地上波とBSチャンネル(一部の、110度衛星全てではない)に関してはB-CASで処理しており、加えてそれぞれのカードによってPCで録画できるようだということが人柱の皆様のお陰で分かった。

※B-CASで処理していても、俗称STB-IDチェックと呼ばれるブロックが有り、BS放送に関しては、”チューナー側”で見られなくする処理が行われる(頻度も可能性もCATV局によって異なるらしい)。
これはチューナーの独自実装であり、B-CASの通称毒電波とは異なるので、PCのチューナーであれば無関係ではないかという予想ができる。(追記、約半年、PCチューナーでブロックされることはありませんでした。)

この件に関して、STBの上り回線(10-55MHz)が関係あるのか、と思ったが、C-CASと紐付けられたSTB-IDでなければ弾く、ということのようで、ケーブルモデムも無関係のようです。
(ITU-T J.112 annexB他DOCSISに非対応(=ケーブルモデム非搭載)のSTBも多数存在する)

まずはCATV、ついでにスカパー光ではどういう方式で運用されているのか、スカパースレに書いた内容を転記しつつ。
スカパー! プレミアムをPCで視聴 18©2ch.net
http://echo.2ch.net/test/read.cgi/avi/1472610075/
※間違いもあるだろう、推測も多いので参考までに…



IP伝送=DOCSIS3.0/3.1=MCNS=スカパー光?=ITU-T J.112 Annex.B
※スカパー光は、MCNSドライバで動いているという報告があります。

結論から言うと、以下のようになります。
DOCSIS=MCNS∋ITU-T J.83 annex.B=スカパープレミアム光

何故なら、チューナーカードの、識別がDVB-C(J.83のA、C)とMCNS(J.83のB)と分かれていたから。

CATVのRF伝送の規格と統合すると以下のようになります。

→J.83 Annex.A=DVB-C //欧州
→J.83 Annex.B ∈MCNS //米国
→J.83 Annex.C=ISDB-C //日本

日本のCATVの”放送”はISDB-Cで運用され、シンボルレートは5274、ほぼ64QAMで運用され、256QAMまで存在する模様。

調べていて気が付きましたが、DOCSIS=ITU-T J.112 Annex.Bというのは間違いのようで間違いではないみたいです。
DOCSISといえば、ITU-T J.112 Annex.Bを”一般的に”指し、J.112の付帯規格(Annex.A/B/C)がそれぞれ、欧州、北米、日本の仕様となっているというのだ。
さらにJ.112 Annex.BはDOCSIS1.0であり、DOCSIS2.0はJ.122、DOCSIS3.0はJ.222に規定されている。ややこしい。

というわけで、J.83が放送の変調方式について規定したもの(=物理層)、J.112が双方向通信(DOCSIS)の規格で、それぞれの付帯規格が対照になっている、とのことのようだ。
※J.112の物理層はJ.83に規定されているものを利用する

で、IP(Internet Protocol)方式とRF(Radio Frequency)方式は、前者は映像信号を”パケット化”、後者は”変調”して送り届ける。
即ちスカパープレミアム光含めて、放送はRF方式。(物理的な同軸/光は無関係)



確認の為、ケーブルモデムを取り外して、周波数帯、シンボルレートを調査してみました。

CATV7.pngCATV8.pngCATV9.png

そう、インターネットとVODに関しては、シンボルレートが”5360(256QAM)と5057(64QAM)”と、まさにAnnex.Bの規格。
放送に関しては、シンボルレートが5274、即ちAnnex.C。
結局日本仕様の規格は作ったものの、DOCSISのインターネット機器に関しては、国内で開発せず、北米版を導入した、ということのようです。

※画像で二箇所16QAMとなっていますが、信号星座図を見ればわかるように、どう見ても256QAMと64QAMです。(MCNSのモードでも同じ認識だったので、まぁなんかの間違いでしょう。)

余談ですが、6MHzの帯域幅でSRが5360の256QAMの波は8つありました。
DOCSIS3.0はチャンネルボンディングで異なる帯域を束ねることができ、現時点でのインターネットサービスは最大160Mbpsのプランまで提供されています。計算すると4つの帯域を束ねていることになりますね。(42.88Mbps*4≒160Mbps)
理論上320Mbpsも可能ですが、利用者ごとの速度を担保するためにはこれが最適なのでしょう。

詳細な周波数とチャンネル対照表は後ほど別の記事にする予定です。

さらに余談。
→ITU-T J.382=DVB-C2
4K8K等次世代の方式となり、複数搬送波を使用するISDB-Cの次世代規格(NHK方式、(TSMF: ITU‐T J.183の拡張)との競合。
どちらが採用されるのかはわかりません。J:COMは両方でテストしたようです。
ニュース記事などを見ていると国際標準のJ.382が優勢か。

追記:JCTEAの2017年の資料によれば、2014年12月、「J.382/6MHz仕様を有線一般放送の伝送方式として採用した」とのことです!チューナーだけはなんとかなりそうですね。

2017/7追記:ケーブル技術ショーによれば、J.382方式は実際CN比不足で問題があったことから、日本では複数搬送波伝送方式のJ.183拡張方式を軸に進めていくこととなったそうです。
J.382を導入するために同軸を交換するくらいなら、FTTHで3.2GHzまでのBSCSパススルーを実施することになるだろう、とも仰っていました。
実際展示されていたモジュレーターも住友電工様、日本通信機様、ミハル通信様などすべてJ.183拡張方式のみでした。


参考資料:
J.83 ANNEX C(ケーブルテレビシステム委員会報告概要(案))
ケーブル伝送路の高度化|日本ITU協会
J.112 Annex B|ITU
ITU-T SG9における4K/8K関連標準化動向



PanasonicのSTBのページ
TZ-LS300PW/TZ-LS300P/TZ-LS300F
を見ると
デジタル放送 受信変調方式:64QAM(Annex.C)
ケーブルモデム 受信変調方式:64QAM/256QAM(Annex.B)
とありますので、上がITU-T J.83 Annex.C、下がAnnex.Bということで間違いはなさそうです。



と、ここまで書いてきましたが、CATVの”トラモジチャンネル”をTS抜きするにはどうすれば?と言う話です。

参考:
PCでケーブルテレビのCSを視聴・録画する方法 - NAVER まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2142756819904448701

基本的にDVB-Cの派生なので、大抵大丈夫だと思いますが、正確にはJ.83 Annex.C対応のチューナーが必要です。
海外のサイトでは、ISDB-Tの表記はありますが、ISDB-Cの表記は見かけないので注意が必要です。

買うとすれば、TBS Technologiesか、ドイツのDigitalDevicesがオススメです。
他のメーカーのも色々と購入しましたが、安定動作はしていません。また別記事で…。




この記事を書いている現在、EDCB、Spinel導入などはまだ終わっていないのですが、とりあえず、
”サービスチャンネルリストに存在しないはずのチャンネルの波が存在した”ことだけ報告しておきます。

Cable4k1.png
Cable4k2.png
atx.png

というわけで、続きます。
Powered by FC2ブログ
Copyright © rencontRe Lab All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。